プロレスリング・ノア全選手が新日本プロレス襲来!新日本プロレス・試合結果・2022.1.5・レッスルキングダム16・二日目・PART2

新日本プロレス・2022年1月5日・レッスルキングダム16(WRESTLE KINGDOM 16)・東京ドーム大会・二日目の試合結果、動画まとめ・PART2!

関連:2022.1.4&5・レッスルキングダム16 in 東京ドームの全対戦カードが決定!【新日本プロレス・2022年1月】
関連:新日本プロレス・試合結果・2022.1.5・レッスルキングダム16・二日目・PART1

【第4試合/NEVER無差別級6人タッグ王座戦】

[王者組]
EVIL
vs後藤洋央紀
高橋裕二郎YOSHI-HASHI
〇 SHO
片エビ固め
× YOH

CHAOSのセコンドに石井智宏が登場、リングサイドで介入を狙うディック東郷をけん制。

東郷がレフェリーの隙を突いてスポイラーズチョーカーで締め上げると、石井がリング下に引きずり落として阻止。

YOHがダイレクトドライブを狙うと、EVILが背後から急所攻撃を叩き込む。

最後はSHOがレンチ攻撃で勝利、ハウス・オブ・トーチャーがNEVER無差別級6人タッグ王座防衛!

【プロレスリング・ノア】

レッスルキングダム16 in 横浜アリーナ(1月8日)で新日本プロレスとの団体対抗戦を行うプロレスリング・ノアの全ユニットが東京ドーム襲来!

ノアの選手たちがリング上を占拠すると、ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの鷹木信悟・高橋ヒロム・BUSHIが現れる。

鷹木が「イッテンハチ、横浜、こいつらとの明確な実力の差を見せつけてやる」と話してリングを去ろうとすると、拳王は「喧嘩を売りに来たんだぞ、逃げんのか」と煽るが、LIJはそのまま退場。

そして拳王は「いつまでも天狗になってんじゃねーぞ。日本のプロレスの序列を覆してやるからな、楽しみにしておけよ」と言っ、清見海斗と握手して、ノアの選手たちは退場。

【第5試合/SANADA vs オーカーン】

〇 SANADA
ジャパニーズ
レッグロール
クラッチ
vs× グレート・
オーカーン

グレート・オーカーンがプランチャ!

SANADAがラウンディングボディプレスを発射するが、オーカーンが両膝を立てて迎撃。

オーカーンがセカンドロープからのムーンサルトを決めると、さらにエリミネーターを狙う。

しかし、抜け出したSANADAがジャパニーズレッグロールクラッチで丸め込んで勝利!

【第6試合/内藤 vs コブ】

〇 内藤哲也
デスティーノ
vs× ジェフ・コブ

ジェフ・コブが奇襲を仕掛けて試合開始。

内藤哲也は左膝を集中攻撃。

内藤が雪崩式フランケンシュタイナーを狙うと、コブがそのまま持ち上げて雪崩式パワーボム!

するとコブがツアー・オブ・ジ・アイランドを狙うが、内藤はレッグロックで反撃するが、コブが強引に持ち上げてぶっこ抜きジャーマンスープレックス。

コブは再びツアー・オブ・ジ・アイランドを狙うが膝の痛みで決めきれず、着地した内藤がバレンティアからデスティーノで勝利!

関連:新日本プロレス・試合結果・2022.1.5・レッスルキングダム16・二日目・PART3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA