高橋ヒロムの次期挑戦者指名にデスペラード憤慨「チャンピオンの推薦で決まっただと?ふざけんな!」【新日本プロレス・2021.2.25】

新日本プロレス・2021年2月25日・ロードトゥキャッスルアタック2021・後楽園ホール大会六日目のバックステージコメントまとめ!

関連:新日本プロレス・試合結果・2021.2.25・ロードトゥキャッスルアタック2021・後楽園六日目【オープニングVTR】

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

【高橋ヒロム】

高橋ヒロムの王座返上により空位となったIWGPジュニアヘビー級王座。

昨日の後楽園ホール大会の結果を受けて、キャッスルアタック(2月28日)のタイトルマッチはエル・ファンタズモ、エル・デスペラード、BUSHIの3名による新IWGPジュニアヘビー級王座決定3WAYマッチに変更になる見通し。

大阪でのタイトルマッチに向けてそれぞれが意気込みを語りました。

【エル・デスペラード】

ファンタズモ、いやあ、お前、ぶっ殺してやる。あとは会社の賢明な判断を仰ぎましょう。なあ?それでお前、大阪でできるのか?それとも武道館?旗揚げ記念?そこであいつらがシングルやるのか?俺を、これだけの行動を起こした人間をシカトぶっこいてシングルにしちゃうのか?それともちゃ~んと俺の話を聞いて3WAYにするのか?シングルのベルトは、チャンピオン様が怪我しちゃって返上だぞ、返上。これまでの歴史がプツンと切れてちゃったわけだ。そこでだ。代表者が二人で決めて、果たしてそれは伝統と言えるのか?違う。その時にそこそこの能力のある人間が全員戦って奪い合うからこそのベルトだろう。それをお前、怪我したチャンピオンの推薦で一人決まっただと?ふざけんな!ナメんな!

デスペラードは「怪我したチャンピオンの推薦」によって次期挑戦者に浮上したBUSHIに憤慨。

【BUSHI】

BUSHI「本来だったら、今夜はIWGPジュニアタッグのタイトルマッチだった。でも、しょうがない。怪我は誰だって起こりうる。俺はヒロムからチャンスをもらって、復帰を待つよ。復帰したらいくらでもチャンスはあるよ。IWGPジュニア王座決定戦?3WAY?俺は別に構わないよ。ファンタズモにもエル・デスペラードにも借りはあるからな。大阪城ホール、IWGPジュニア王座決定戦、3WAYで決めてくれよ」

ヒロムから思いを託されたBUSHIは、2度目のIWGPジュニアヘビー級王座戴冠に向けて士気が高まっている模様。

【エル・デスペラード】

ファンタズモ「ひどい目に遭ったばかりなのにコメントしろってか?クソッ、アゴが!BUSHI、仕方ない。ヒロムの代わりにお前にサドンデスをお見舞いしてやる。それからデスペ……この俺がお前に華を持たせてやると思ってるのか?まさか!お前は俺がトップに立つための踏み台でしかない!イシモリー!イシモリー!(※と叫びながら控室へ)」

当初は試合をせずに「新チャンピオン」に輝くつもりだったファンタズモも、BUSHIに対しては「ヒロムの代わりにサドンデスをお見舞いしてやる」、そしてデスペラードに対しては「俺がトップに立つための踏み台でしかない」と、3人での決着戦を受諾。

会社は希望通り3WAYマッチに変更するのか、対戦カード変更の正式発表をお楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA