ブライアン・ダニエルソン対リー・モリアーティ!モクスリーはブライアンとの共闘を拒否!【AEW・2022.2.16・前半】

AEWダイナマイト(AEW Dynamite)・2022年2月16日(日本時間2月17日)・前半の試合結果、動画をご紹介!

関連:ジェイ・ホワイトが再びAEW乱入&バレッタにブレードランナー!【AEW・2022.2.11】

【CMパンク】

まずはMJFとのリマッチ権を獲得したCMパンクが登場、日時・場所・ルールを発表。

CMパンクはレヴォリューション2022(3月6日)でのドッグカラーマッチ(両者の首を犬の首輪と鎖で繋ぐ首輪戦)を要求!

そこにMJFが現れると、パンクはレヴォリューションをお前の人生で最悪の日にして、お前を血まみれにしてやると話す。

MJFは一切言葉を発さずに退場。

【ブライアン vs モリアーティ】

〇 ブライアン・
ダニエルソン
トライアングル
スリーパー
vs× リー・
モリアーティ

ブライアン・ダニエルソンが両首を掴んでフットスタンプ連発、そのままトライアングルスリーパーで勝利!

試合後、ブライアンは共闘を呼び掛けているジョン・モクスリーに対して答えをよこせと話す。

そこにモクスリーが現れると、俺はまだブライアンを倒したことがないと話し始める。

そしてお前は俺と組みたいんだろ、それはリングで俺の対角線に立ちたくないからだ、俺は誰とも組まない、そいつに血を流させない限りなと言って立ち去る。

【ラダーマッチ予選】

〇 ウォードロー
パワーボム
vs× マックス・
キャスター

ウォードローがパワーボムを狙うと、アンソニー・ボーウェンズが場外からマックス・キャスターの足を引っ張って阻止。

その隙にキャスターはチェーンを手にすると、ウォードローの顔面にチェーン攻撃!

そしてキャスターがマイクドロップを決めるもカウント2。

ウォードローがパワーボム3連発で勝利、ラダーマッチ出場権獲得!

試合後にボーウェンズが襲い掛かるが、ウォードローがパワーボムで撃退。

【ハングマン・ペイジ】

ランス・アーチャーとのテキサスデスマッチで劇的な勝利を収めたAEW世界王者ハングマン・ペイジが登場。

そこにアダム・コールが現れてお前はもう一人の方のアダム(・ペイジ)だと挑発。

ペイジがベルトを置いて詰め寄ると、コールは男らしく闘おうと握手を求める。

ペイジが握手に応えるとコールはリングを下りるが、レッドラゴンが背後からペイジを襲撃して3人がかりで暴行。

セキュリティが止めに入ると、さらにダークオーダーが救出に登場。

コール&レッドラゴンが退避すると、10がセキュリティを次々と投げ捨てる。

関連:TNT王座戦、サミー・ゲバラ対ダービー・アリン!ノーDQ戦、マルティネス対ロサ!【AEW・2022.2.16・後半】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA