WWE・2022.2.19・エリミネーションチェンバー2022・試合結果・PART2【RAW女子~WWE王座】

WWE・2022年2月19日(日本時間2月20日)・エリミネーションチェンバー2022(ELIMINATION CHAMBER 2022)の試合結果・PART2、動画まとめ!

関連:WWE・2022.2.19・エリミネーションチェンバー2022・試合結果・PART1

【RAW女子王座戦】

〇[王者]
ベッキー・
リンチ
マンハンドル
スラム
vs× リタ

ベッキー・リンチがマンハンドルスラムを決めると、リタがサードロープに足を伸ばして3カウントを阻止。

ベッキーがムーンサルトプレスを回避されて自爆すると、リタがツイスト・オブ・フェイトからムーンサルトプレスを決めるもカウント2!

ベッキー・リンチが2発目のマンハンドルスラムで勝利、RAW女子王座防衛!

【スマックダウンタッグ王座戦】

[王者組]
ウーソズ
vsバイキング
レイダース

まずはバイキングレイダーズが入場すると、背後からウーソズが奇襲を仕掛ける。

そのままウーソズが場外で痛めつけると、レフェリーたちが止めに入る。

しかし、バイキングレイダーズは立ち上がれず、試合は行われないまま終了。

【WWE王座戦/エリミネーションチェンバーマッチ】

オースティン・セオリー
セス・ロリンズ
リドル
AJスタイルズ
[王者]ボビー・ラシュリー
〇 ブロック・レスナー

オースティン・セオリーとセス・ロリンズで試合開始。

ロリンズがボビー・ラシュリーのポッドに向かってパワーボムを叩き込むと、チェンバーが壊れてラシュリーに激突。

リドルが入場。

ラシュリーはダメージが大きく、メディカルスタッフによってバックステージに運ばれる。

AJスタイルズが入場。

ボビー・ラシュリーの入場の番が訪れるも本人不在。

するとブロック・レスナーがポッドを蹴り破って入場。

レスナーが次々にF5を決めてロリンズ、リドル、AJから3カウントを奪う。

ラシュリーは試合に復帰できず、レスナーとセオリーの一騎打ちに突入。

レスナーが一方的に追い詰めると、セオリーが急所攻撃からドロップキック、DDTで反撃するが、逆にレスナーを怒らせてしまう。

するとセオリーは金網の上に逃げるが捕まってしまい、レスナーがポッドの上からF5で投げ捨てる。

レスナーがリング中央でフォールして勝利、WWE王座獲得!

関連:RAW放送1500回記念!ブロック・レスナー登場!【RAW・2022.2.21・PART1】

関連:ロマン・レインズ&ブロック・レスナーの勝者総取り戦・調印式!【スマックダウン・2022.2.25・PART1】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA