中邑真輔対ジェイ・ウーソ!屈辱を受けた中邑がリベンジ成功!【スマックダウン・2021.1.15・PART1】

WWE・SmackDown・2021年1月15日(日本時間1月16日)・PART1の試合結果、動画をご紹介!

関連:IC王座戦、ビッグE対アポロ!SDタッグ王座戦、ストリートプロフィッツ対ジグラー&ルード!【WWE・スマックダウン・2021.1.8・PART1】

中邑 vs ジェイ

〇 中邑真輔
キンシャサ
vs× ジェイ・
ウーソ

先週の放送でユニバーサル王座挑戦権獲得寸前でロマン・レインズ&ジェイ・ウーソに妨害された中邑真輔がリベンジマッチに出陣。

試合途中、中邑真輔のタッグパートナーであるセザーロが現れて解説に加わる。

ジェイ・ウーソがロープに足をかけてフォールを狙うも、レフェリーが気付いて失敗。

ジェイ・ウーソがレフェリーに抗議すると、その隙に中邑真輔がキンシャサで勝利!

アダム・ピアース

ロイヤルランブル2021(1月31日)でユニバーサル王座に挑戦するアダム・ピアース(プロデューサー)の元に、調印書を手にしたポール・ヘイマンが姿を見せる。

王者ロマン・レインズに試合形式を変更するように指示されたポール・ヘイマンは、タイトルマッチをノーDQ戦(反則裁定なし)で行うように変更した調印書を渡す。

アダム・ピアースは俺が怪我をするのが見たいんだろと言って調印書にサイン。

その後、ロマン・レインズに調印書を見せるが、ノーQD戦は望んでいないからサインしない、ラストマンスタンディング戦にしろと言って拒否。

ナタリア vs モーガン

〇 ナタリア
スクールガール
vs× リブ・
モーガン

タミーナに怒鳴りつけられたビリー・ケイがリング内に逃げ込むと、リブ・モーガンを邪魔してしまう。

その隙にナタリアがスクールガールで丸め込んで勝利!

関連:ケビン・オーエンズ復活!プロデューサーの代わりに調印書にサイン!【スマックダウン・2021.1.15・PART2】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA