ジェイ・ホワイトがクリス・ベイをバレットクラブに勧誘!グッドブラザーズがジェイを襲撃!【インパクトレスリング・2021.7.22】

インパクトレスリング(IMPACT WRESTLING)・2021年7月22日(日本時間7月23日)放送分の試合結果、動画をご紹介!

関連:インパクトレスリング・2021.7.17・スラミバーサリー2021・試合結果・PART1【プレショー~エイデン・イングリッシュ】
関連:インパクトレスリング・2021.7.17・スラミバーサリー2021・試合結果・PART2【フィンジュース~ジェイ・ホワイト】

【ベイ vs ラジュ / ジェイ】

スラミバーサリー2021のタイトルマッチ終了後、クリス・ベイの控室にはバレットクラブのTシャツを置かれていた。

Tシャツを置いたのはジェイ・ホワイトか?

〇 クリス・ベイ
アート・オブ・
フィネス
vs× ロヒット・
ラジュ

クリス・ベイがアート・オブ・フィネス(変形カッター)で勝利!

試合後、新日本プロレスのNEVER無差別級王者ジェイ・ホワイトがバックステージでベイを訪問。

ジェイはメッセージ(Tシャツ)を受け取ったかと尋ね、バレットクラブは常にポテンシャルを秘めている選手、俺たちにフィットする選手、特別な何者かになれる選手を探していると話して、ベイをバレットクラブの新メンバーに勧誘。

しかし、ベイは俺がすでに特別な何者かであると理解していないみたいだな、俺は一人でやっていくと断る。

ジェイは、お前がスラミバーサリーを一人で闘った結果どうなったんだと尋ねると、ベイは黙り込んでしまう。

そしてジェイは時間を使ってよく考えろ、このオファーは有効期限があるからなと言って立ち去る。

【ミッキー・ジェームス】

NWAで女子選手のみによるPPVを開催するミッキー・ジェームスがインパクトレスリングに来場。

インパクトのノックアウト王者ディオナ・プラッゾに再びNWA参戦を打診するが、プラッゾは改めて拒否。

するとゲイル・キムも現れてプラッゾを説得して、ミッキーとプラッゾが握手してNWA参戦が決定!

【ミックスド6人タッグマッチ】

ブライアン・
マイヤーズ
vsマット・
カルドナ
× サム・
ビール
ジェイク・
サムシング
テニール・
ダッシュウッド
〇 チェルシー・
グリーン
アンプリティアー

チェルシー・グリーンがアンプリティアーを狙うと、テニール・ダッシュウッドの専属カメラマン・ケイレブがエプロンに上がって妨害。

するとテイラー・ワイルドが現れてケイレブを排除。

グリーンがサム・ビールとテニールを激突させ、アンプリティアーを決めて勝利!

【モリッシー / エドワーズ】

スラミバーサリーで対戦したW・モリッシーとエディ・エドワーズが駐車場で乱闘。

モリッシーがケーブルで首を絞めると、エドワーズが竹刀攻撃連発でモリッシーを撃退。

【ジェイ・ホワイト】

先ほどクリス・ベイをバレットクラブに勧誘したNEVER無差別級王者ジェイ・ホワイトが登場。

ジェイがいつものように饒舌に自己紹介をすると、俺こそが真のベルトコレクターだと、ベルトコレクターを名乗るインパクト世界王者ケニー・オメガを挑発。

そしてジェイは俺がここに来た目的は次期挑戦者デビッド・フィンレーだけだ、お前はNJCで俺を倒したがもう2度と倒せないと話す。

さらにグッドブラザーズはまたバレットクラブに入りたいんだろうが、アイツらはもうグッドとは言えない、バレットクラブは俺の新時代なんだと言うと、ケニー&グッドブラザーズ&ドン・キャリスが現れる。

キャリスはケニーたちがいた時代が本物のバレットクラブだった、エリートに入りたいならしっかりと頼むんだなと挑発。

しかし、ジェイはキャリスはインパクトを解雇されただろ、それにプロレス界の神とか自称するケニーと最後に1対1で闘った時に俺は勝ったぞと言い返されると、不満気なケニー&キャリスはグッドブラザーズにこの場を任せて退場。

グッドブラザーズはリングに上がり、ジェイをバレットクラブのリーダーとして認め、バレットクラブに忠誠を尽くすと話す。

しかし、ジェイがお前たちは口だけになった、お前のキャリアのピークはG1決勝で負けたときだと挑発すると、グッドブラザーズが襲い掛かり二人がかりで暴行。

するとクリス・ベイが救出に現れて、ジェイとともにグッドブラザーズを撃退!

先ほどバレットクラブ加入を断ったベイは、ひとまずジェイとの共闘を選択した模様。

その後、次週の放送でグッドブラザーズ対ジェイ・ホワイトクリス・ベイのタッグマッチが決定!

【タッグマッチ】

エース・
オースチン
vs〇 ジュース・
ロビンソン
エビ固め
× マッドマン・
フルトン
デビッド・
フィンレー

ジュース・ロビンソンがエビ固めで丸め込んで勝利!

試合後、エース・オースチン&マッドマン・フルトンが暴行。

フィンジュースも反撃するが、ロヒット・ラジュ&シェラが救出に現れて返り討ちにされる。

【ノックアウトタッグ王座戦】

[王者組]
ローズマリー
vs× ファイア・
エン・フレヴァ
〇 ハヴォック
合体スピアー

ローズマリー&ハヴォックがノックアウト合体スピアーで勝利、ノックアウトタッグ王座防衛!

最後はディケイが王座防衛を祝福して、今週のインパクトレスリングは終了!

関連:ジェイ・ホワイトのインパクトデビュー戦!フィンジュースが8人タッグマッチ出場!【インパクトレスリング・2021.7.29】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA