《ルビー・ソーホー(元:ルビー・ライオット)がAEW参戦!》AEW・2021.9.5・オールアウト2021・試合結果・PART2【タッグ王座~MJF対ジェリコ】

AEW・2021年9月5日(日本時間9月6日)・オールアウト2021(All Out 2021)の試合結果・PART2、動画まとめ!

関連:AEW・2021.9.5・オールアウト2021・試合結果・PART1

【AEW世界タッグ王座戦 / スチールケージマッチ】

×[王者]
ヤングバックス
vs〇 ルチャ
ブラザーズ
合体パイル
ドライバー

試合途中、マット・ジャクソンは画びょう付きシューズに履き替えてスーパーキック!

ヤングバックスはBTEトリガーを決めるが、レイ・フェニックスが3カウント寸前でカット。

レイ・フェニックスが反撃に転じて画びょう付きシューズで顔面を殴り、ブラックファイヤーサンダードライバーを決めるがカウント2!

レイ・フェニックスがラダーの上からダイビングボディプレス!

ルチャブラザーズが合体パイルドライバーで勝利、AEW世界タッグ王座獲得!

【女子21人カジノバトルロイヤル / ルビー・ソーホー】

志田光
スカイ・ブルー
さくらえみ
バニー
アバドン
アンナ・ジェイ
キエラ・ホーガン
カイリン・キング
ディアマンテ
ナイラ・ローズ
サンダー・ロサ
ペネロペ・フォード
里歩
ジェイミー・ヘイター
ビッグ・スウォル
タイ・コンティ
レッド・ベルベット
レイラ・ハーシュ
ジェイド・カーギル
レベル
〇 ルビー・ソーホー

3分半ごとに5人ずつ入場、勝者がAEW女子世界王座挑戦権獲得。

21人目のワイルドカードは元WWEのルビー・ソーホー(元:ルビー・ライオット)!

最後の二人に残ったのはサンダー・ロサとルビー・ソーホー。

エプロンでの攻防になると、ルビー・ソーホーがライオットキック(オーバーヘッドキック)で蹴り落として勝利!

ルビー・ソーホーがAEW女子世界王座挑戦権獲得!

【MJF vs ジェリコ】

× MJFvs〇 クリス・
ジェリコ
ウォールズ・
オブ・ジェリコ

クリス・ジェリコが敗れた場合、二度とAEWで試合ができなくるという条件でシングルマッチが決定。

試合途中、ピナクルのウォードローとインナーサークルのジェイク・ヘイガーが場外乱闘。

その隙にMJFがバット攻撃から掟破りのジューダスエフェクトを決めると、レフェリーがクリス・ジェリコの足がサードロープにかかっているのに気づかず3カウントを叩いてしまう。

すると別のレフェリーが現れて状況説明をして試合続行!

MJFがソルト・オブ・ジ・アース(フジワラアームバー)を決めると、抜け出したクリス・ジェリコがウォールズ・オブ・ジェリコで勝利!

試合後、インナーサークルの仲間たちが勝利を祝福。

関連:AEW・2021.9.5・オールアウト2021・試合結果・PART3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA