ユニバーサル王者ロマン・レインズがWWE王者ブロック・レスナーにスーパーマンパンチ!【スマックダウン・2022.1.7・PART1】

WWE・SmackDown・2022年1月7日(日本時間1月8日)・PART1の試合結果、動画をご紹介!

関連:WWE・2022.1.1・デイワン2022・試合結果・PART1【キックオフショー~RAWタッグ】
関連:WWE・2022.1.1・デイワン2022・試合結果・PART2【ミズ対エッジ~WWE王座】

【ロマン・レインズ】

まずは新型コロナによりデイ1を欠場したユニバーサル王者ロマン・レインズが登場。

するとレインズ欠場により急きょWWE王座に挑戦して王者に輝いたブロック・レスナー(&ポール・ヘイマン)が現れる。

レスナーはみんなが見たいものをやろうぜ、チャンピオン対チャンピオンだと王者対決を要求!

しかし、レインズはポール・ヘイマンのようなゴミとビジネスをしてるやつと取引はしないと拒否。

ヘイマンが二人の話に割り込むと、その隙にレインズがスーパーマンパンチ!

【ブーグス vs ゼイン】

〇 リック・
ブーグス
インサイド
クレイドル
vs× サミ・
ゼイン

次期インターコンチネンタル王座挑戦者サミ・ゼインが、IC王者・中邑真輔のタッグパートナーのリック・ブーグスとシングルマッチで激突!

リック・ブーグスがインサイドクレイドルで丸め込んで勝利!

試合後にジョニー・ノックスビル(ロイヤルランブル戦出場者、コメディアン)が現れ、サミを場外に突き落とす。

【ミッキー・ジェームス】

インパクトレスリングの現ノックアウト王者ミッキー・ジェームスロイヤルランブル2022参戦、女子ロイヤルランブル戦にエントリー!

【シャーロット vs ナオミ】

スマックダウン女子王者シャーロット・フレアーが登場。

シャーロットは王者として女子ロイヤルランブル戦を制して挑戦者を指名すると話すと、そこにナオミが現れて王座挑戦表明。

しかし、シャーロットはあんたはタイトルマッチに相応しくないと拒否すると、ナオミがビンタを叩き込んでノンタイトルマッチでのシングルマッチに突入。

〇 シャーロット・
フレアー
ナチュラル
セレクション
vs× ナオミ

ナオミが場外でシャーロットを痛めつけて場外リングアウトが数え始められると、ナオミへの嫌がらせを続けるWWEオフィシャルのソーニャ・デヴィルが現れてこの試合は場外リングアウトなしだと話して試合続行。

シャーロット・フレアーがナチュラルセレクションで勝利!

関連:SDタッグ王座戦ストリートファイト、ウーソズ対ニューデイ!【スマックダウン・2022.1.7・PART2】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA