鷹木信悟「昨年のG1で俺は飯伏から勝った。お前から来るのを待ってたんだよ、飯伏」【新日本プロレス・2021.3.6】

新日本プロレス・2021年3月6日・ニュージャパンカップ2021・二日目・トーナメント1回戦・大田区総合体育館大会のバックステージコメントまとめ!

関連:新日本プロレス・試合結果・2021.3.6・ニュージャパンカップ2021・二日目・トーナメント1回戦【オープニングVTR】

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

【鷹木信悟】

今大会の優勝候補最右翼オカダ・カズチカを撃破してトーナメント2回戦進出を決めた鷹木信悟。

NJC初優勝に向けて大きな勢いをつける勝利を上げた鷹木が、サクラジェネシス(4月4日)で優勝者を迎え撃つIWGP世界ヘビー級王者・飯伏幸太に向けて昨年から抱いていた思いを爆発させました。

リング上で言ったように、俺は飯伏に対しても不満があんだよ。ふざけんなよ、あの野郎。何が負けない?逃げ出さない?大事MANブラザーズ(バンド)みたいなこと言っといてよ。俺からは逃げてんじゃねえのか、飯伏?なあ、まだ遠い先にいるかもしんねえけど、いい機会だから言っとくわ。昨年の『G1』で、俺は飯伏から勝った。しかし飯伏はその『G1』で優勝した。まあ、でも、いずれ何か言ってくんじゃねえかと思って、俺は待ってたよ。だがな、ドームに向けて、内藤と前哨戦。ドーム明けてからはSANADAと前哨戦。そして、また内藤。俺がどういう気持ちでリング上にいたと思うよ?飯伏よ、シカトかましやがって。あいつも寝て起きたら忘れる後藤タイプか?前にも言ったかもしれねえけど、俺はこう見えても口下手のシャイボーイだ。おまけに受け身なんだ、俺は。待ってんだよ。お前から来るのを待ってたんだよ、飯伏。だが、お前から寝ても起きても来ねえんだったら、俺からお前の前に行ってやろうじゃねえか。飯伏、俺ももう若くねえんだ。巷じゃ溌剌オジサンとか言われてっからな。オジサンはオジサンでも、超元気なオジサンを見せてやろうじゃねえか。まあ、とは言っても、1回戦勝っただけだから、今日のところは短めにコメントを終わらせてもらう。

昨年のG1クライマックス30優勝者でもある飯伏は、リーグ戦でジェイ・ホワイトと鷹木信悟に敗北。

しかしG1終了後、飯伏はジェイとの権利証争奪戦から2冠戦線へ突入し、鷹木は再びNEVER無差別級王座戦線に戻ったため、二人の抗争には発展しませんでした。

まだ飯伏はG1で敗れたリベンジを果たしていないため、鷹木が挑戦に名乗りを上げても不満は出ないはずですが、それでも鷹木は「俺からお前の前に行ってやろうじゃねえか」とNJCを優勝したうえで堂々と挑戦すると宣言しました。

果たして鷹木は自力でIWGP世界ヘビー級王座への挑戦権を手に入れることはできるのか、2回戦の後藤洋央紀との一戦に乞うご期待!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA