新日本プロレス・試合結果・2022.5.24・ベストオブザスーパージュニア29・七日目【オープニングVTR】

新日本プロレス・2022年5月24日・ベストオブザスーパージュニア29(BEST OF THE SUPER Jr.29)・後楽園ホール大会・七日目の試合結果、動画まとめ!

関連:新日本プロレス・試合結果・2022.5.22・ベストオブザスーパージュニア29・六日目

【オープニングVTR】

【第1試合/BOSJ29・Aブロック4戦目/ゼイン vs アキラ】

〇 アレックス・
ゼイン
タコドライバー
vs× フランシスコ・
アキラ

アレックス・ゼインがタコドライバーで勝利!

●アレックス・ゼイン=6点(3勝1敗)
●フランシスコ・アキラ=2点(1勝3敗)

【第2試合/BOSJ29・Bブロック4戦目/ティタン vs TJP】

〇 ティタン
ダイビング
フットスタンプ
vs× TJP

TJPがマンバスプラッシュを発射すると、ティタンが両膝を立てて迎撃。

ティタンがラ・カシータで丸め込むが、抜け出したTJPはピノイストレッチで応戦。

ティタンがコーナートップから場外で倒れているTJPにダイビングフットスタンプ!

最後はティタンがTJPの背中にダイビングフットスタンプを叩き込んで勝利!

●ティタン=2点(1勝3敗)
●TJP=2点(1勝3敗)

【第3試合/BOSJ29・Aブロック4戦目/田口 vs コナーズ】

× 田口隆祐vs〇 クラーク・
コナーズ
トロフィーキル

田口隆祐がクラーク・コナーズのヒップにチョップを叩き込むと、自分の右腕を痛めてしまう。

するとコナーズは田口のお株を奪うヒップ攻撃連発。

田口がヒップアタック合戦を制すと、コナーズのスピアーを読んでオーマイ&ガーアンクルを決める。

コナーズがスピアーからパワースラム、最後はトロフィーキルで勝利!

●田口隆祐=2点(1勝3敗)
●クラーク・コナーズ=2点(1勝3敗)

【第4試合/BOSJ29・Bブロック4戦目/BUSHI vs ユウタ】

× BUSHIvs〇 ウィーラー・
ユウタ
シートベルト
クラッチ

BUSHIがコードブレイカーを狙うと、切り抜けたウィーラー・ユウタがエルボースタンプ連発からシートベルトクラッチで丸め込んで勝利!

●BUSHI=4点(2勝2敗)
●ウィーラー・ユウタ=4点(2勝2敗)

【第5試合/BOSJ29・Aブロック4戦目/YOH vs オースティン】

× YOHvs〇 エース・
オースティン
フォールド

YOHがスーパーキックからダイレクトドライブを狙うと、抜け出したエース・オースティンがスピンキックからハウスオブカード!

エース・オースティンがフォールドで勝利!

●YOH=4点(2勝2敗)
●エース・オースティン=6点(3勝1敗)

【第6試合/BOSJ29・Bブロック4戦目/DOUKI vs ファンタズモ】

〇 DOUKI
首固め
vs× エル・
ファンタズモ

ダメージの大きいDOUKIがデイブレイクを狙うと、足をトップロープに引っかけてしまい失敗。

しかし、エル・ファンタズモが油断した隙にDOUKIが首固めで丸め込んで勝利!

試合後、DOUKIは呆然とするファンタズモにsuck it連発。

●DOUKI=4点(2勝2敗)
●エル・ファンタズモ=6点(3勝1敗)

【第7試合/BOSJ29・Bブロック4戦目/ワト vs イーグルス】

〇 マスター・
ワト
ラ・カレテラ
vs× ロビー・
イーグルス

ロビー・イーグルスがキック連発からターボバックパックを狙うと、マスター・ワトがラ・カレテラで丸め込んで勝利!

●マスター・ワト=2点(1勝3敗)
●ロビー・イーグルス=4点(2勝2敗)

【第8試合/BOSJ29・Aブロック4戦目/ヒロムvs 金丸】

× 高橋ヒロムvs〇 金丸義信
足4の字固め

金丸義信は高橋ヒロムの左膝を徹底攻撃。

金丸義信が足4の字固めで勝利!

試合後、金丸は倒れているヒロムを起こして左膝にキックを叩き込む。

●高橋ヒロム=6点(3勝1敗)
●金丸義信=2点(1勝3敗)

【セミファイナル/BOSJ29・Aブロック4戦目/石森 vs SHO】

〇 石森太二
片エビ固め
(ベルト攻撃)
vs× SHO

石森太二がベルトを持ち込むと、SHOにベルトを投げ渡してベルト攻撃を食らったフリをして丸め込む。

SHOもベルトを持ち込もうとするとレフェリーが没収するが、その隙にSHOはトーチャーツール攻撃を狙うが失敗。

石森がトーチャーツールを手にすると、SHOに返すが今度はトーチャーツール攻撃を食らったフリをする。

レフェリーがSHOからトーチャーツールを奪うと、その隙に石森がベルト攻撃で勝利!

●石森太二=8点(4勝)
●SHO=2点(1勝3敗)

【メインイベント/BOSJ29・Bブロック4戦目/デスペラード vs リンダマン】

× エル・
デスペラード
vs〇 エル・
リンダマン
タイガー
スープレックス
ホールド

エル・リンダマンがドロップキック&ノータッチトペコンヒーロで奇襲を仕掛けて試合開始。

リンダマンがジャーマンスープレックスホールドを決めるもカウント2。

エル・デスペラードがピンチェ・ロコを狙うと、リンダマンが投げっぱなしフルネルソンスープレックスからタイガースープレックスホールドで勝利!

●エル・デスペラード=6点(3勝1敗)
●エル・リンダマン=6点(3勝1敗)

関連:新日本プロレス・試合結果・2022.5.25・ベストオブザスーパージュニア29・八日目

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA