中邑真輔対ルドヴィグ・カイザー!ブロック・レスナーがセオリーにF5!【スマックダウン・2022.7.22】

WWE・SmackDown・2022年7月22日(日本時間7月23日)の試合結果、動画をご紹介!

関連:ドリュー・マッキンタイア対リッジ・ホランド!リブ・モーガン対ナタリア!【スマックダウン・2022.7.15】

【ステファニー・マクマホン】

まずはステファニー・マクマホン新CEOが登場。

父ビンス・マクマホンの引退が発表された、彼はWWEユニバースに感謝していている、今度はみんなでビンスに感謝しようと話す。

【ストリートプロフィッツ】

続いてストリートプロフィッツが現れると、サマースラムでWWE統一タッグ王座を獲得すると話す。

そこにMITBブリーフケース保持者セオリーが現れてUS王座を&WWEユニバーサル王座獲得を宣言すると、ウーソズも現れて乱闘に発展。

【中邑真輔 vs カイザー】

× 中邑真輔vs〇 ルドヴィグ・
カイザー
DDT

グンターがレフェリーの隙を突いて場外から中邑真輔の顔面を殴る。

ルドヴィグ・カイザーがDDTで勝利!

【パット・マカフィー】

ハッピー・コービンが解説のパット・マカフィーを襲撃。

コービンがバックステージに逃げると、マカフィーが追いかけてゴリラポジションで乱闘。

マカフィーはリングに戻るとサマースラムでの勝利を宣言。

【タッグマッチ】

〇 バイキング
レイダース
リングアウト
vs× ジンダー・
マハル
シャンキー

バイキングレイダースが解説のニューデイにジンダー・マハルを投げつけて、そのままリングアウト裁定。

【シェイマス】

シェイマスが登場、ドリュー・マッキンタイアの剣の使用を禁止しないと試合をしないと主張。

そこにマッキンタイアが現れて根性なしと挑発すると、シェイマスは棍棒マッチを提案して、アダム・ピアースが正式決定。

マッキンタイアは剣でシェイマスの棍棒を叩き切る。

【ロドリゲス vs デヴィル】

〇 ラケル・
ロドリゲス
テハナボム
vs× ソーニャ・
デヴィル

ラケル・ロドリゲステハナボムで勝利!

【レイシー・エバンス】

今週もアリーヤとレイシー・エバンスがシングルマッチが組まれるが、またエバンスが文句を言って試合は行われず。

そしてエバンスはウーマンズライトを叩き込んで退場。

【マキシマムメイルモデルズ】

マックス・デュプリの妹マキシン・デュプリが登場。

次週のマキシマムメイルモデルズはビーチウェアコレクションを行うと発表。

【6人タッグマッチ】

ウーソズvsストリート
プロフィッツ
〇 セオリー
反則
× マッドキャップ・
モス

マッドキャップ・モスがショルダーブロックを決めるが、セオリーがMITBブリーフケースで殴って反則裁定。

試合後もセオリーがブリーフケースで叩いていると、ブロック・レスナーが襲撃してF5を決めて、さらにブリーフケース攻撃。

さらにレスナーがブリーフケースの上にF5を叩き込んで、今週のスマックダウンは終了!

関連:ダニーブルックマッチ、ドリュー・マッキンタイア対シェイマス!【スマックダウン・2022.7.29】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA