アポロ・クルーズが再びインターコンチネンタル王者ビッグEを襲撃!【スマックダウン・2021.3.12・PART2】

WWE・SmackDown・2021年3月12日(日本時間3月13日)・PART2の試合結果、動画をご紹介!

関連:ロリンズがセザーロにストンプ2連発!中邑とロリンズが視殺戦!【スマックダウン・2021.3.12・PART1】

【女子タッグマッチ】

サーシャ・
バンクス
vsナタリア
× ビアンカ・
ブレア
〇 タミーナ
スクールガール

解説にWWE女子タッグ王者組ナイア・ジャックス&シェイナ・ベイズラー(&レジナルド)が登場。

レジナルドにかき回されると、ナタリアが背後から襲い掛かってサーシャ・バンクスを排除。

その隙にタミーナがスクールガールで丸め込んで勝利!

【インターコンチネンタル王座戦】

アポロ・クルーズの襲撃を受けて欠場していたインターコンチネンタル王者ビッグEが復帰。

クルーズを呼び込むが姿を見せず、ビッグEはオープンチャレンジを宣言。

するとキング・コービン、続いてサミ・ゼインが登場。

ビッグEが先にリングに入った方とタイトルマッチをすると言うと、ゼインがリングインしてタイトルマッチに突入。

〇[王者]
ビッグE
ビッグ
エンディング
vs× サミ・
ゼイン

ビッグEがビッグエンディングで勝利、インターコンチネンタル王座防衛!

試合後にアポロ・クルーズの入場曲が流れると、背後からクルーズが現れてビッグEを襲撃。

【レインズ】

ファストレーン(3月21日)で行われるユニバーサル王座戦の調印式。

まずは王者ロマン・レインズ(&ジェイ・ウーソ&ポール・ヘイマン)、そして挑戦者ダニエル・ブライアンが登場。

両者が調印書にサインをすると、タイトルマッチを公平に行うためにスペシャルエンフォーサーを置くと発表。

そこにエッジが現れて、次週の放送でエッジとジェイ・ウーソがシングルマッチを行い、勝者がスペシャルエンフォーサーを務めると決定。

そのまま乱闘に発展すると、最後はブライアンがエッジにランニングニーを叩き込む。

関連:SD女子王座戦、サーシャ・バンクス対ナイア・ジャックス!【スマックダウン・2021.3.19・PART1】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA