棚橋弘至が掟破りのブレードランナー未遂「全てにおいてジェイに勝ちます」【新日本プロレス・2021.4.15】

新日本プロレス・2021年4月15日・ロードトゥレスリングどんたく2021・後楽園ホール大会二日目のバックステージコメントまとめ!

関連:新日本プロレス・試合結果・2021.4.15・ロードトゥレスリングどんたく2021・後楽園二日目【オープニングVTR】

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

【棚橋弘至】

2年ぶりの開催となるレスリングどんたくに向けて各タイトルマッチの前哨戦が連日盛り上がりを見せていますが、NEVER無差別級王座戦線だけはタイトルマッチ当日まで挑戦者ジェイ・ホワイトが不在という状況。

挑戦者不在のまま前哨戦を闘っている王者・棚橋弘至が、先シリーズの「JTO」に続いて今度は掟破りのブレードランナーを狙って挑戦者を挑発しました。

棚橋「不思議なもので、タイトルマッチが決まって対戦相手がいないと、恋しくなるというか、早く来いと。今日、試合序盤でエースランナーが出かけたけど。エースランナー(と言って、ブレードランナーのポーズを作る)。棚橋得意の青魔法が、ラーニング魔法が出ましたね。残り時間がないからね、(肩から袈裟がけにかけたベルトで腹を隠しながら)今はベルトで隠させてもらっているけど、全てにおいてジェイに勝ちますから

NJC2021・トーナメント2回戦では完璧なブレードランナーで3カウントを奪われただけに、その借りを返したいという思いもあるのかもしれません。

タイトルマッチまで残り12大会、目の前に対戦相手がいない状況で棚橋がどんな布石を打っていくのか目が離せない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA