新ジュニア王者ロビー・イーグルスの初防衛戦はヒロムか?ワトか?【新日本プロレス・2021.7.25・PART1】

新日本プロレス・2021年7月25日・レッスルグランドスラム2021 in 東京ドーム・東京ドーム大会のバックステージコメントまとめ・PART1!

関連:新日本プロレス・試合結果・2021.7.25・レッスルグランドスラム2021・東京ドーム・PART1【煽りVTR】

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

【ロビー・イーグルス】

約7カ月ぶりとなる新日本プロレス復帰戦で見事にエル・デスペラードを破り、IWGPジュニアヘビー級王座初戴冠を果たしたロビー・イーグルス。

次回のビッグマッチ・レッスルグランドスラム in メットライフドーム(9月4日&5日)に向けて、イーグルスは昨夜の前説でIWGPジュニアヘビー級王座に挑戦表明した高橋ヒロムを初防衛戦の対戦相手に指名しました。

イーグルス「さて次は?あ、ヒロムの姿を見たな…ヒロム、オマエが準備できたら俺はいつでもやってやるよ。明日でもいい。いつでもオマエとやってやる。去年オマエに負けてるけど、あれから俺はもっと強くなったからな。今日強くなった自分を見せられたと思う。ヒロムも首を怪我して色々大変だったと思うけど、俺も俺でお前が想像できないくらいの困難をくぐり抜けてきたんだ。俺は自分の全てをかけてこのベルトを防衛していく。死ぬまで闘っていくつもりだ。だからオマエも死ぬ気でかかってこないと、ベルトは獲れないぞ。でも今の俺ならオマエに勝てる。次の獲物はヒロム、オマエだ。オマエを撃ち抜いてやる。質問はあるか?ない?アリガトウゴザイマシタ」

【マスター・ワト】

イーグルスとヒロムのタイトルマッチが決定的になった一方で、昨年のBOSJで前王者エル・デスペラードにも、新王者イーグルスにも勝利しているマスター・ワトが異議を唱えました。

ワト「今日、ロビー・イーグルスがIWGPジュニアに挑戦するってことに、俺はすごく不満を抱いている。俺はアイツに『BEST OF THE SUPER Jr.』で勝っている。そして今のIWGPジュニア・チャンピオンにも、俺は『BEST OF THE SUPER Jr.』で勝っている。次、俺が挑戦する権利は十分にあるはずだ

昨年末の出来事とは言え、現王者&前王者を倒した実績があれば「挑戦する権利は十分にある」というのがワトの主張。

この主張が本気ならば、怪我で休んでいたヒロムが自分よりも先に挑戦するのを黙って見過ごせるはずがない。

明日27日から再開する1カ月間に渡る長いシリーズ・サマーストラグル(7月27日~8月27日)でワトはどんな行動に出るのか。

新王者が誕生したジュニア戦線の今後をお見逃しなく!

関連:2021.9.4&5・レッスルグランドスラム2021 in メットライフドームの一部対戦カードが決定!【新日本プロレス・2021年9月】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA