ジュース・ロビンソンがUS王者・棚橋弘至に挑戦アピール「やっぱりこのベルトは輝いてるな」【新日本プロレス・2021.8.14】

新日本プロレス・2021年8月14日・リサージェンス2021・アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス大会のバックステージコメントまとめ!

関連:新日本プロレス・試合結果・2021.8.14・リサージェンス2021・PART3【NEVER~棚橋弘至】

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

【棚橋 / ジュース】

ランス・アーチャーとの激闘を制して日本人初のIWGP USヘビー級王者に輝いた棚橋弘至。

試合後に棚橋がバックステージでコメントしていると、棚橋がタッグ結成を熱望するフレッド・ロッサー、元USヘビー級王者ジュース・ロビンソン、LA道場に加入した上村優也が祝福に現れました。

棚橋「(※英語で)やっとUSヘビーのベルトを(新日本に)取り戻すことができました」
※ジュース、ロッサー、上村が現れ棚橋を祝う
ロッサー「これでやっとあるべき場所にベルトが戻ってきた。お疲れ様です!あなたはやっぱりエースだ!」
棚橋「(※英語で)ミスター・ノー・デイズ・オフ、サンキュー。(※日本語で)こうやってね、IWGP インターコンチ、NEVER……」
※ジュースがベルトに手を伸ばす
ジュース「やっぱりこのベルトは輝いてるな」
棚橋「(※英語で)ちょっと待って、ジュース、俺のだから。触らないで」
ロッサー「そうだ! このベルトはエースのものだ!」
棚橋「(※英語で)もしベルトが欲しいのなら……言わなくても分かるよね?」
ジュース「分かってるよ」

先日のAEWダイナマイトでUSヘビー級王座に挑戦したヒクレオを倒したジュース・ロビンソンが挑戦アピール!

棚橋は今回のアメリカ遠征で2試合行う予定なので、NJPWストロングでジュースとのタイトルマッチに向けた新展開があるかもしれません。

9月&10月に予定されているアメリカ大会「オータムアタック」(9月25日&26日)、「ニュージャパンショーダウン」(10月16日&17日)に向けて動き始めたアメリカ大会の行方もお見逃しなく!

《追記》
棚橋弘至が次期挑戦者に欠場中の飯伏幸太を指名、レッスングランドスラム(9月4日&5日・メットライフドーム )でのタイトルマッチを要求!

関連:2021.9.4&5・レッスルグランドスラム2021 in メットライフドームの全対戦カードが決定!【新日本プロレス・2021年9月】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA