6人タッグ王者・後藤洋央紀がコメント中のジェイ・ホワイトを襲撃「やってやるぞ!カード変えろ!」【新日本プロレス・2021.2.2・PART1】

新日本プロレス・2021年2月2日・ロードトゥニュービギニング2021・後楽園ホール大会七日目のバックステージコメントまとめ・PART1!

関連:新日本プロレス・試合結果・2021.2.2・ロードトゥニュービギニング2021・後楽園七日目【オープニングVTR】

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

ジェイ / 後藤

前日の後楽園ホール大会で電撃復帰を果たしたジェイ・ホワイトがメインイベントに登場。

以前にも増して凶悪な闘いぶりでCHAOSとのイリミネーションマッチを制して、NEVER無差別級6人タッグ王座への挑戦表明を行いました。

一方、屈辱的な敗北を喫したCHAOSのNEVER無差別級6人タッグ王者・後藤洋央紀は、バックステージでコメント中のジェイ・ホワイトを襲撃!

ジェイ「(※G.o.Dと外道を引き連れてバックステージに現れ)3つ目のベルトはどこに行ったんだ!?謎だ。俺のマイクアピールが理解できたか?理解できなかったお前たちのためにわかりやすく説明してやろう。NEVER6人タッグ王座は3対3で闘う。ベルトは3つあり、それぞれに与えられる。だが、今日は2人しか巻いてなかった。試合が終わって、タマとロアが1つずつベルトを掲げる横で、俺の手は空っぽだった。それでチャンピオンのお前ら、今日の借りを返したくてたまらないんだろ?なら、挑戦を受けろ!ベルトも俺たちに巻かれるほうが何倍も良いと言ってる……
後藤「(※ジェイのコメント中にバックステージに現れて)ふざけんな、この野郎!オイ!(※と叫びながら殴りかかって乱闘に)
(中略)
後藤「(※BULLET CLUBとの乱闘後に再びバックステージに現れて)ああ、クソッ!やってやるぞ、オイ!いつでもやってやる!オイ、カード変えろ。カード、すぐ変えろ!6人タッグ、チャンピオン、王者として、目にもの見せてやるよ!

バレットクラブからの挑戦表明を受諾した後藤洋央紀はいつでもやってやる!オイ、カード変えろと対戦カードの変更を要求。

BCの波状攻撃を食らったYOSHI-HASHIの容体が心配ではありますが、後藤洋央紀はカード、すぐ変えろ!と早期のリベンジマッチを望んでいるため、本日3日以降の対戦カードが急きょ変更になるかもしれません。

ちなみにもしタイトルマッチが実現すれば、ジェイ・ホワイトにとってNEVERの冠がつくタイトルへの初挑戦となります。

完全復活を遂げたジェイ・ホワイトのNEVER無差別級6人タッグ王座初戴冠に乞うご期待!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA