内藤哲也「辻、早くしないと時間切れになっちまうぜ」【新日本プロレス・2021.2.10】

新日本プロレス・2021年2月10日・ニュービギニング in 広島2021・広島サンプラザホール大会・初日のバックステージコメントまとめ!

関連:新日本プロレス・試合結果・2021.2.10・ニュービギニング in 広島2021・初日【煽りVTR】

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

内藤哲也

現在、辻陽太はTwitterで5.5万いいねを獲得して内藤哲也とのシングルマッチを実現するために奮闘中。

しかし、残念ながら今日の時点でまだ2.5万いいねで半数にも届いていません。

すでに次のテーマに照準を合わせ始めている内藤哲也が最後の檄を飛ばしました。

内藤「俺のホームであるここ広島で、皆様の予想通り、皆様の理想通り、デスティーノお見せすることができましたよ。相手チームに本間がいると、こんなにも簡単に計算ができるなんて、本間に感謝だね。明日も、対角線に本間がいるんでしょ?ということは、明日もここ広島のお客様に、デスティーノ、お見せできるってことだね。ところで、ところで、辻、辻、今日なんかコメントは残した?“55,000いいね”目指してるんでしょ?今、“25,000いいね”?ということは、あと“30,000いいね”だよ。あと“30,000いいね”。まあこっからどうやって増やすかね?辻は何か考えてるのかな?早くしないと、時間切れになっちまうぜ。明日も広島大会があるんだ。明日一気に“30,000いいね”アップできるような試合、そしてコメントを残してくれることを、俺が楽しみにしてるよ。

内藤哲也は期限付きでこの提案を受諾したため、いつ時間切れになるかは本人次第ですが、あまり時間は残されていないようです。

一方、5.5万いいね獲得が厳しい状況の辻陽太が現在の心境を明かしました。

辻陽太

辻「前回、新日本プロレスの公式ツイッターに、『俺の提案を載っけてほしい』って言ったよ。断られた。だが俺はあきらめきれず、自分のアカウントで“いいね”55,000集めることにした。わかってる。会社が拒否したことをやってはいけないことはわかってる。でも、俺は焦ってんだよ。考えてみてくれ。俺はいま27歳。オカダさんが27歳の時どうだった? 『G1(CLIMAX)』も獲って、IWGPのヘビー(級王座)も獲って。ジェイ・ホワイト、27歳でIWGPインターコンチ(ネンタル王座)、USヘビー(級王座を獲った)。ウィル・オスプレイ、(IWGP)ジュニア(ヘビー級王座)、『BEST OF THE SUPER Jr.』、そしてイギリス(RPW)の(ブルティッシュ)ヘビー級のベルト(を獲った)。27歳だって周りを見渡せば、活躍してるやるはごまんといる。そんな中で俺は、海外遠征にも行けず、まだ黒パンをはいて道場に住んで雑用をしてる日々だ。どうにかして俺は、この現状から抜け出して、もっとトップに昇り詰めたいんだ。いや、昇り詰めてやる。新日本プロレス、あんたらが何と言おうと、俺はあんたらに吠え返してみるぞ……

辻・上村世代は今年でデビューから3年になるも後輩ができず、コロナ禍によりヤングライオン卒業後の海外遠征も難しいのが現状であり、そこから抜け出すために何としてもこのチャンスを掴み取りたいというとのこと。

内藤哲也が時間切れを宣言するまでに残りの3万いいねを獲得するために、辻陽太の意気込みを買ってくれる方はぜひ力になってあげてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA