内藤哲也が再び動く「俺のなかでテーマが固まってきた」【新日本プロレス・2021.1.28】

新日本プロレス・2021年1月28日・ロードトゥニュービギニング2021・長野運動公園総合体育館大会のバックステージコメントまとめ!

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

内藤哲也

今シリーズの内藤哲也は、他のLIJメンバーが本隊・CHAOSと抗争を繰り広げる一方で、ユニット内でひとりだけテーマがなくノー・オクパード(忙しくない)な日々を過ごしてきました。

本間朋晃や辻陽太、そしてグレート・オーカーンから対戦要求を受けるも抗争には発展しませんでしたが、ついに内藤哲也の新たな標的が決まったようです。

さあ、今日はリング上でも言った通り、俺のなかでテーマがあると言ったけど、固まってきたからその時が来たら俺は動き出しますよ。ただ、まだちょっと早いんでね。そして、結果によっていろいろと左右されてしまうので、そのへんはいまのところまだトランキーロだけど、『このタイミング』っていう瞬間が来たら、俺は真っ先に動くよ。それが一体なんなのか皆様で考えながら楽しんでお待ちください。

断片的ながら内藤哲也の次のテーマが絞られてきました。

結果によって左右されるということは、近々でタイトルマッチの予定がないUSヘビー級王座、NEVER6人タッグ王座、KOPW2021は除外。

今シリーズ中に結果次第で王者が変わる可能性があるタイトル(ジュニア以外)はIWGPヘビー級&IC王座(飯伏 or SANADA)、NEVER無差別級王座(鷹木 or 棚橋)、IWGPタッグ王座(GOD or タイチ&ザック)の3つ。

しかし、内藤哲也のタッグパートナー不在という状況を考えると、内藤哲也の狙いはIWGPヘビー級&IC王座、NEVER無差別級王座のどちからになりそうです。

ここからは個人的な希望ですが、まずはNEVER無差別級王座に挑戦してもらいたい。

NEVER無差別級王座は内藤哲也の提唱により誕生したベルトであり、ロス・インゴベルナブレス加入前のスターダスト時代に俺色に染めることができなかった悔しい思い出があるベルトでもある。

もちろんその悔しい日々があってこその現在だが、制御不能化した今こそ内藤哲也がNEVERを俺色に染める姿を見てみたい。

果たして次のテーマは再び2冠王座戦線か、それとも7年ぶりのNEVER無差別級王座戦線か、内藤哲也が真っ先に動くタイミングが待ちきれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA