WWE・2021.2.21・エリミネーションチェンバー2021・試合結果・PART1【4WAYマッチ~US王座戦】

WWE・2021年2月21日(日本時間2月22日)・エリミネーションチェンバー2021( Elimination Chamber 2021 )の試合結果・PART1、動画まとめ!

関連:WWE・2021.2.21・エリミネーションチェンバー2021の対戦カード
関連:戸澤陽が24/7王座陥落、バッド・バニーが新王者に輝く!ミズがWWE王座戦辞退!【RAW・2021.2.15・PART1】
関連:エリミネーションチェンバー2021直前回!中邑真輔対アポロ・クルーズ!【スマックダウン・2021.2.19・PART1】

【4WAYマッチ】

× ムスタファ・アリ
〇 ジョン・モリソン
スクールボーイ
リコシェ
イライアス

リコシェがムスタファ・アリをフォールすると、レトリビューションが場外にアリを引きずり落として妨害。

するとリコシェはトペコンヒーロを狙うが、キャッチしたレトリビューションがコーナーポストに叩きつける。

しかし、その隙にジョン・モリソンが背後からスクールボーイでアリを丸め込んで勝利!

ジョン・モリソンが今夜のPPVでUS王座戦・3WAYマッチに出場決定!

【次期ユニバーサル王座挑戦者決定戦 / エリミネーションチェンバーマッチ】

ケビン・オーエンズ
× ジェイ・ウーソ
サミ・ゼイン
キング・コービン
セザーロ
〇 ダニエル・ブライアン
ランニングニー

まずはダニエル・ブライアンとセザーロで試合開始。

最初に解放されたのはキング・コービン。

次に解放されたのはサミ・ゼイン。

セザーロがシャープシューターを決めるとキング・コービンがタップアウトして退場。

次に解放されたのはケビン・オーエンズ。

最後に解放されたのはジェイ・ウーソ。

ケビン・オーエンズがスタナーで3カウントを奪ってサミ・ゼインが退場。

ジェイ・ウーソが扉にケビン・オーエンズの腕を挟んだままスーパーキック連発、そしてフロッグスプラッシュで3カウントを奪ってケビン・オーエンズが退場。

セザーロがジャイアントスイングを決めると、そこにジェイ・ウーソがスーパーキックを叩き込み、さらにフロッグスプラッシュを決めて3カウントを奪ってセザーロが退場。

最後の二人に残ったのはジェイ・ウーソとダニエル・ブライアン。

ジェイ・ウーソがポッドの上からフロッグスプラッシュを狙うと、ダニエル・ブライアンが両膝を立てて迎撃。

ダニエル・ブライアンがランニングニーで勝利、今夜のPPVでユニバーサル王座挑戦権獲得!

試合後、ユニバーサル王者ロマン・レインズが現れて休憩なしでタイトルマッチに突入。

【ユニバーサル王座戦】

〇[王者]
ロマン・レインズ
スピアー
vs× ダニエル・
ブライアン

試合開始直後にロマン・レインズがスピアーを狙うが、ダニエル・ブライアンがカウンターのイエスロック!

しかし、レインズはエルボー連発&パワーボムで反撃。

最後はロマン・レインズがギロチンチョークで勝利、ユニバーサル王座防衛!

試合後、ロイヤルランブル戦優勝者エッジがスピアーで襲撃!

そしてレッスルマニアサインを指差して挑戦アピール!

【バッド・バニー】

24/7王者バッド・バニーがバックステージでソーニャ・デヴィルと話していると、ミズが現れてバニーと揉めて突き飛ばす。

バニーがビンタでやり返すと、ダミアン・プリーストが現れてミズの反撃を阻止。

【US王座戦】

[王者]ボビー・ラシュリー
〇 リドル
ブロデリック
× ジョン・モリソン

ボビー・ラシュリーがハートロックを決めると、リドルが背後から松葉杖攻撃を連発。

リドルがブロデリックを決めて勝利、US王座獲得!

関連:WWE・2021.2.21・エリミネーションチェンバー2021・試合結果・PART2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA