IC王者・中邑真輔&リック・ブーグス対ジンダー・マハル&シャンキー!【スマックダウン・2022.1.28・PART2】

WWE・SmackDown・2022年1月28日(日本時間1月29日)・PART2の試合結果、動画をご紹介!

関連:ロイヤルランブル2022直前回!サーシャ・バンクス復帰!【スマックダウン・2022.1.28・PART1】

【サミ・ゼイン/中邑真輔】

インターコンチネンタル王座挑戦権保持者サミ・ゼインが登場。

ゲストにジンダー・マハルとシャンキーを迎えて「インゼイン」がスタート。

今夜対戦するIC王者・中邑真輔&リック・ブーグスについて話すと、ブーグスがギターで割り込んで試合に突入。

中邑真輔vsジンダー・
マハル
〇 リック・
ブーグス
パンプハンドル
スラム
× シャンキー

試合開始前、中邑真輔はサミにキックを叩き込む。

サミがエプロンの中邑を引っ張り落として妨害するが、数的不利を切り抜けたリック・ブーグスがパンプハンドルスラムで勝利!

【タッグマッチ】

〇 ビッグE
ミッドナイト
アワー
vsハッピー・
コービン
コフィ・
キングストン
× マッドキャップ・
モス

ニューデイがミッドナイトアワーで勝利!

【ロリンズ/レインズ】

まずはユニバーサル王者ロマン・レインズが登場。

そこに挑戦者セス・ロリンズが現れると、俺がお前の背中をパイプ椅子で打ち抜いてから全てが変わった、お前は俺を倒すこと以外はぜんぶやった、だがそれこそが重要なはずなのになと挑発。

レインズはお前が俺たちにしたことを許していないと話して突き飛ばすが、ロリンズの態度は変わらず。

そしてレインズはスーパーマンパンチを狙うが回避され、ロリンズはリングを下りて踊りながらレインズを挑発して、ロイヤルランブル2022直前回のスマックダウンは終了!

関連:WWE・2022.1.29・ロイヤルランブル2022・試合結果・PART1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA