天山広吉が技名変更「真モンゴリアンチョップや!」【新日本プロレス・2021.2.28・PART1】

新日本プロレス・2021年2月28日・キャッスルアタック2021・大阪城ホール大会二日目のバックステージコメントまとめ・PART1!

関連:新日本プロレス・試合結果・2021.2.28・キャッスルアタック2021・大阪城二日目・PART1【煽りVTR】

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

【天山広吉】

グレート・オーカーンとの敗者モンゴリアンチョップ封印マッチに敗れてモンゴリアンチョップを封印した天山広吉。

モンゴリアンチョップを使いたくても使えないもどかしい日々が続きましたが、本日のユナイテッド・エンパイアとのタッグマッチでついにモンゴリアンチョップを解禁。

オーカーンは『「帝国万歳チョップ」に名前を変えるのであれば許してやってもいい』と話していましたが、天山は別の技名に変更するようです。

天山「そう、モンゴリアン。モンゴリアンなくして、俺自身、もうなんなの?溜まりに溜まってね。もうストレスっていうか。試合の中で使えへんっていうのが一番、もうなんのあれよりも……(※両腕を振り上げる仕草をして)ここまできて出せない。もう我慢の限界でした。もう、さすがにあそこまでおちょくられたらね、誰だって、やるしかないやろな。俺はもう、とにかく、封印っていうか、されたかもしれないけど、俺自身は、そんなもん知ったこっちゃないよ。俺が(モンゴリアンチョップ)やるのに、だれか文句あんのやったら来いって、出て来いや。ただな、普通のモンゴリアンちゃうねん。モンゴリアンチョップ改め、“真モンゴリアンチョップ”や。これはもう、ウソも偽りもない、真(まこと)の、真実の“真”や。真モンゴリアンチョップ、もうそれでブチのめしていくよ。どんなヤツだろうが、(UNITED)EMPIREのクソどもが!俺がもう1回、真モンゴリアンチョップ、これ出したら、お前らひとたまりもないって。覚悟しとけって。

今後は「真モンゴリアンチョップ」としてモンゴリアンチョップを使用するとのこと。

しかし、当然ながらオーカーンがこの決断を黙って受け入れるはずはない。

天山とオーカーンのモンゴリアンチョップをめぐる抗争の今後に乞うご期待!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA