辻陽太がメキシコ遠征に上村を誘う「俺がメキシコに行くんだったらお前も一緒に行くだろ?」【新日本プロレス・2021.3.7】

新日本プロレス・2021年3月7日・ニュージャパンカップ2021・三日目・トーナメント1回戦・アイメッセ山梨大会のバックステージコメントまとめ!

関連:新日本プロレス・試合結果・2021.3.7・ニュージャパンカップ2021・三日目・トーナメント1回戦【オープニングVTR】

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

【辻陽太】

2年連続でNJCにエントリーされた辻陽太がトーナメント1回戦に向けて新技・Toque(=トケ、メキシカンロール)を初披露。

辻が以前から希望しているメキシコ遠征に向けてリング内外で着々と準備を進めるなか、先日、コロナ禍により選手交流が一時停止中の新日本プロレスとCMLLが今後も業務提携を継続するという声明を発表しました。

CMLLとの業務提携継続という朗報を受けて、辻が改めてメキシコ遠征について語りました。

 辻「昨日もTwitterでつぶやかせてもらったけど、新日本とCMLLがこれからも業務提携していくそうだが、でも、業務提携していくって声明出したところで、誰かの言葉を借りるならアクションを起こさなきゃ意味がないんだろう?俺が立候補してやるよ。新日本プロレスとCMLLの架け橋に是非とも立候補させていただきたい。そのためにも明後日、永田裕志、あんたを倒してみせる。仮に『NEW JAPAN CUP』の結果だけ見るとしよう。もし俺が明後日の永田裕志戦に勝ったとしたら、『NEW JAPAN CUP』の結果だけ見れば、俺はオカダさん、内藤さんよりも結果を残したことになる。少しは俺の言葉に説得力が出るだろう。 こんな状況でメキシコに行けない、そう言われるかもしれない。でも、この前、Twitterである情報を目にしたんだ。AKB48の某アイドルがこんな状況だけど、メキシコに行ったっていう情報を見た。一人のか弱いアイドルでもメキシコに行けるんだろ?俺みたいに体を鍛えて、新日本の道場で精神も鍛えたプロレスラーがメキシコに行けないわけがない。必ずメキシコに行ってみせる。そして、上村!俺がメキシコに行くんだったら、お前も一緒に行くだろ?少しでも人数は多いほうがいいからな。お前の意見も聞きたい」

まずは現在開催中のNJCで1回戦敗退の「オカダさん、内藤さんよりも結果」を残したうえで、堂々とメキシコ遠征に「立候補」すると宣言。

そしてコロナ禍でも日本からメキシコに渡って仕事をしているアイドルを例に挙げて、自身のメキシコ遠征もコロナ禍を言い訳にして諦めるつもりはないと意気込みました。

また、最後には同期の上村優也に対して一緒にメキシコ遠征に行くだろと勧誘。

唯一の後輩・中島佑斗の負傷欠場によりスケジュールに遅れが出ているものの、辻・上村のヤングライオン卒業の日は間近のようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA