新日本プロレス・試合結果・2022.5.31・ベストオブザスーパージュニア29・十二日目【オープニングVTR】

新日本プロレス・2022年5月31日・ベストオブザスーパージュニア29(BEST OF THE SUPER Jr.29)・富山産業展示館テクノホール西館大会・十二日目の試合結果、動画まとめ!

関連:新日本プロレス・試合結果・2022.5.29・ベストオブザスーパージュニア29・十一日目

【オープニングVTR】

【第1試合/BOSJ29・Bブロック最終公式戦/ワト vs DOUKI】

〇 マスター・
ワト
ベンダバール
vs× DOUKI

DOUKIがDOUKIボム!

マスター・ワトがベンダバールで勝利!

●マスター・ワト=8点(4勝5敗)
●DOUKI=6点(3勝6敗)

【第2試合/BOSJ29・Aブロック最終公式戦/田口 vs 金丸】

× 田口隆祐vs〇 金丸義信
足4の字式
エビ固め

田口隆祐がアンダータイツで顔にまたがってフォールするもカウント2。

金丸義信がサムソンクラッチをカウント2で返されると、そのまま足4の字式エビ固めで丸め込んで勝利!

●田口隆祐=6点(3勝6敗)
●金丸義信=8点(4勝5敗)

【第3試合/BOSJ29・Bブロック最終公式戦/BUSHI vs リンダマン】

〇 BUSHI
エムエックス
vs× エル・
リンダマン

エル・リンダマンのジャーマンスープレックスホールドはカウント2!

BUSHIがコードブレイカー、最後はエムエックスで勝利!

●BUSHI=8点(4勝5敗)
●エル・リンダマン=8点(4勝5敗)

【第4試合/BOSJ29・Aブロック最終公式戦/コナーズ vs ゼイン】

〇 クラーク・
コナーズ
トロフィーキル
vs× アレックス・
ゼイン

アレックス・ゼインがエプロンでパワーボム!

さらにゼインがシナモンツイストを狙うと、クラーク・コナーズが両膝を立てて迎撃してパワースラム!

最後はコナーズがトロフィーキルで勝利!

●クラーク・コナーズ=8点(4勝5敗)
●アレックス・ゼイン=8点(4勝5敗)

【第5試合/BOSJ29・Bブロック最終公式戦/ユウタ vs TJP】

〇 ウィーラー・
ユウタ
シートベルト
クラッチ
vs× TJP

TJPがマンバスプラッシュを発射するが回避されて自爆。

ウィーラー・ユウタがシートベルトクラッチで丸め込んで勝利!

●ウィーラー・ユウタ=10点(5勝4敗)
●TJP=8点(4勝5敗)

【第6試合/BOSJ29・Aブロック最終公式戦/YOH vs SHO】

× YOHvs〇 SHO
ショックアロー

試合開始のゴングが鳴ると、SHOはリングをして「お前なんかと試合やる価値なんかねーんよ。勝ち点欲しけりゃくれてやる」と退場。

YOHはリングから動かず場外カウントが始まると、SHOが入場ゲートから戻って来て試合開始。

SHOは場外戦でパイプ椅子攻撃で痛めつけるが、YOHはドラゴンスクリュー連発で反撃。

レフェリーがSHOからトーチャーツールを奪うと肉弾戦に突入。

SHOが急所攻撃からトーチャーツール攻撃!

●YOH=8点(4勝5敗)
●SHO=10点(5勝4敗)

【第7試合/BOSJ29・Bブロック最終公式戦/ロビー vs ティタン】

× ロビー・
イーグルス
vs〇 ティタン
インモルタル

ティタンがインモルタルで丸め込んで勝利!

●ロビー・イーグルス=10点(5勝4敗)
●ティタン=8点(4勝5敗)

ロビー・イーグルスがBブロック脱落!

【第8試合/BOSJ29・Aブロック最終公式戦/オースティン vs アキラ】

× エース・
オースティン
vs〇 フランシスコ・
アキラ
ファイヤーボール

フランシスコ・アキラがコーナーからサンセットフリップパワーボム!

場外カウントが始めるとアキラがエプロンから場外のエース・オースティンに向かってファイヤーボール!

そのまま場外カウント20でリングアウト裁定!

●エース・オースティン=10点(5勝4敗)
●フランシスコ・アキラ=8点(4勝5敗)

エース・オースティンがAブロック脱落!

【セミファイナル/BOSJ29・Bブロック最終公式戦/デスペラード vs ファンタズモ】

〇 エル・
デスペラード
CRⅡ
vs× エル・
ファンタズモ

エル・ファンタズモは引き分けでも優勝決定戦のため、序盤から時間をたっぷり使いながら試合を進める。

ファンタズモが着地で足を痛めると、エル・デスペラードが膝裏タックルからドラゴンスクリュー、さらにヌメロ・ドス、デュードバスターで畳みかける。

ファンタズモがサドンデスを決めるもフォールが遅れてカウント2!

さらにファンタズモはCRⅡも決めるがまたしてもカウント2!

デスペラードがロコ・モノからピンチェ・ロコ、そして掟破りのCRⅡで勝利!

●エル・デスペラード=12点(6勝3敗)
●エル・ファンタズモ=12点(6勝3敗)

エル・デスペラードが直接対決の勝敗によりBブロック首位通過、優勝決定戦進出!

試合後、デスペラードはリングサイドからメインイベントを観戦。

【メインイベント/BOSJ29・Aブロック最終公式戦/ヒロム vs 石森】

〇 高橋ヒロム
D
vs× 石森太二

石森太二がカナディアンデストロイヤー!

高橋ヒロムはポップアップパワーボムからのDで締め上げて石森の動きを止める。

石森がジャンピングニーを叩き込むと、ヒロムがトラースキックからヒロムちゃんボンバーで反撃。

すると石森もカウンターのラリアットからリバースブラディーサンデー!

石森は鉄柱にヒロムの肩を叩きつけてショルダーバスター、そしてラ・ミスティカ式ボーンロックを決める。

ヒロムが丸め込みで切り抜けてDを狙うが、石森がパワーボムで他Tきつけて脱出。

再びヒロムがDで締め上げると、脱出した石森にスタナーを決めてさらにDで追い詰める。

石森は強引に持ち上げようとするが、ヒロムが離さずにDを極め続けてレフェリーストップ裁定!

●高橋ヒロム=12点(6勝3敗)
●石森太二=12点(6勝3敗)

高橋ヒロムが直接対決の勝敗によりAブロック首位通過、優勝決定戦進出!

優勝決定戦は高橋ヒロム対エル・デスペラードに決定!

関連:新日本プロレス・試合結果・2022.6.3・ベストオブザスーパージュニア29・優勝決定戦

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA