AEW世界王座戦、ジョン・モクスリー対ハングマン・ペイジ!トニー対志田!【AEWダイナマイト・2022.10.18】

AEWダイナマイト(AEW Dynamite)・2022年10月18日(日本時間10月19日)の試合結果、動画をご紹介!

関連:キングダムがAEW参戦!ブラックプールコンバットクラブ快勝!【AEWランペイジ・2022.10.14】

【AEW世界トリオ王座戦】

〇[王者組]
デストライアングル
リバース
パイルドライバー
vsオレンジ・
キャシディ
× ベストフレンズ

レイ・フェニックスがリバースパイルドライバーで勝利、AEW世界トリオ王座防衛!

【AEW暫定女子世界王座戦】

〇[王者]
トニー・
ストーム
ストームゼロ
vs× 志田光

トニー・ストームがストームゼロで勝利、AEW暫定女子世界王座防衛!

試合後にジェイミー・ヘイター&レベルが襲撃すると、続いてブリット・ベイカーが姿を見せる。

するとサラヤが現れてベイカーに襲い掛かると、今度は里歩が現れてストームを救出。

【MJF】

ウィリアム・リーガルのインタビューが始まると、MJFが現れて過去のWWEでのトライアウトでのリーガルとの出来事について話す。

そしてリーガルに見出されてVTRを送り続けたが、最後にはメールで断られたことを明かして、お前はWWEを首なって俺の会社に来たと話す。

感情的になったMJFがAEW世界王者になると啖呵を切ると、リーガルは立派になって嬉しいよと話すが、ただ近道はするな、悪魔になるならやってみろと背中を見せる。

MJFはダイヤモンドリングを装着するが殴るのを躊躇していると、リーガルがまだまだ証明することがたくさんあるなと声をかけて、複雑な表情のMJFをリングに残して退場。

【ROH世界王座戦】

〇[王者]
クリス・
ジェリコ
ジューダス
エフェクト
vs× ダルトン・
キャッスル

ダルトン・キャッスルのバン・ア・ランはカウント2。

クリス・ジェリコがジューダスエフェクトで勝利、ROH世界王座防衛!

試合後にジェリコがROHのアナウンサーを襲撃しようとすると、ジェリー・リンが止めに入るが、ジェリコがベルトの上でパイルドライバーを決める。

【AEW世界王座戦】

〇[王者]
ジョン・
モクスリー
レフェリー
ストップ
vs× ハングマン・
ペイジ

ハングマン・ペイジがエプロンでデッドアイ!

ジョン・モクスリーがカウンターのラリアットを決めると、レフェリーがドクターを呼び込んで容体を確かめさせて、試合続行不可能と判断されてレフェリーストップ裁定で試合終了。

ジョン・モクスリーがAEW世界王座防衛!

試合後にモクスリーが証明したいことがあるなら来いよと挑発してMJFを呼び込むと、MJFはレフェリーを引き連れて登場。

しかし、MJFはリングを下りてマイクを手にすると、お前が万全な時にやってやる、お前に言い訳をさせないと言って、フルギア(11月19日)でのAEW世界王座挑戦を宣言すると、モクスリーも受諾!

関連:AEWオールアトランティック王座戦、キャシディ対ルーシュ対ヴァンス!【AEWランペイジ・2022.10.21】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA