石森太二はNEVER6人タッグよりIWGPジュニア「俺はベルトが欲しいと言い続ける」【新日本プロレス・2021.3.29】

新日本プロレス・2021年3月29日・ロードトゥサクラジェネシス2021・後楽園ホール大会初日のバックステージコメントまとめ!

関連:新日本プロレス・試合結果・2021.3.29・ロードトゥサクラジェネシス2021・後楽園初日【オープニングVTR】

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

【石森太二】

先日の高橋裕二郎に続いて、昨夜の後楽園ホール大会では石森太二がNEVER無差別級6人タッグ王者の後藤洋央紀から完璧な3カウントを奪取。

前回は裕二郎のステッキ攻撃、そして今回はKENTAの「棒攻撃」というアシストはあったものの、これでバレットクラブは王者組から2連勝。

この勢いのまま6人タッグ王座への挑戦を表明すると思いきや、石森の視線はあくまでIWGPジュニアヘビー級王座に向いているようです。

石森「今日もCHAOS、明日もCHAOS、両国もCHAOS。早く2冠チャンピオン様と絡める刺激を味わせてくれよ。昨日も言ったとおり、俺はデスペ、チャンピオン様のベルトを狙ってるぜ。チャンピオン様、俺は今日、後藤から獲ったんだぜ?それだけ気合いも力も十分だってことをわかってくれよな。チャンピオン様の視界に入ってなくても、何の反応がなくても、俺はベルトが欲しいとか言い続けてやる

ジュニア2冠王エル・デスペラードから「オメェが獲りに来い!」と檄を飛ばされて吹っ切れたのか、これまでになく素直に欲望を語り始めている石森。

二人の「タイミング」が合うのを待つのか、それとも石森が強引に「タイミング」を引き寄せるのか。

本日の30日・後楽園ホール大会、そして4月4日・両国大会の石森の動向から目が離せない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA