内藤哲也がオーカーンにシングルマッチを要求「また俺と遊んでくれよ」【新日本プロレス・2021.4.4・PART2】

新日本プロレス・2021年4月4日・サクラジェネシス2021・両国国技館大会のバックステージコメントまとめ・PART2!

関連:新日本プロレス・試合結果・2021.4.4・サクラジェネシス2021・両国・PART1【オープニングVTR】

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

【内藤哲也】

ニュージャパンカップ2021・トーナメント1回戦でグレート・オーカーンの執拗な膝攻めによりレフェリーストップで敗れた内藤哲也。

「何度も蹂躙しいたぶり心の底から挫折させてやる」と余裕の態度を見せていたオーカーンに対して、内藤がシングルマッチでの再戦を要求しました。

内藤「(※足を引きずりながらインタビュースペースに着くと、ヒザに手をついて、時折足首を気にしながら)昨日の東京スポーツで、オーカーンが言ってたよ。『一回だけじゃ足らぬ。何度も何度も蹂躙し、いたぶり、心の底から挫折させるのが楽しみ』って。俺、心の底から挫折、したっけなぁ?してないと思うけどなぁ」
なら今度こそ、俺を心の底から挫折させてくれよ。心の底からの挫折を味わわせてくれよ。そう、シングルマッチでね。どう?自信あるんでしょ?そして、俺とプロレスするのが楽しいんだろう?なぁ、オーカーン。自信があるんなら、また俺と遊んでくれよ。カブロン!」

今週末から開幕する次期シリーズ・レスリングどんたく(4月10日〜5月4日)でシングルマッチが組まれる見込み。

来月に控えているレッスルグランドスラム(5月15日・横浜スタジアム&5月29日・東京ドーム)までに残されている時間は少ないため、シングル戦線への再浮上を狙う内藤にとっては正念場となりそうです。

また、新日本プロレスの頂点を手に入れたユナイテッド・エンパイアの「新時代の幕開け」を失速させないためにも、オーカーンにとっても負けられない一戦であることに変わりはない。

レッスルグランドスラム、ドミニオンと下半期を締めくくるビッグマッチに向けてどんな対戦カードが組まれるのか、一夜明け会見をお楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA