矢野通がKOPW争奪戦で「暗闇創造黒頭巾マッチ」を提案!【新日本プロレス・2021.4.10】

新日本プロレス・2021年4月10日・ロードトゥレスリングどんたく2021・横浜武道館大会のバックステージコメントまとめ!

関連:新日本プロレス・試合結果・2021.4.10・ロードトゥレスリングどんたく2021・横浜【オープニングVTR】

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

【矢野通】

レスリング薩摩の国2021(4月28日・初日)のKOPW2021争奪戦でEVILと激突する現保持者・矢野通。

先日の両国大会で「暗闇の怖さを分からせてやる」と意気込んでいた矢野は、「暗闇」がテーマになっている今回の試合ルールとして「暗闇創造黒頭巾マッチ」を提案しました。

矢野「(EVILと東郷が去ったあと、床に仰向けになりながら)チクショー!あいつら!クソーッ!てめえらがやる気だったらな、この黒頭巾であいつもな、暗闇の恐怖にな、見えない恐怖に陥れてやる!俺が提案するルールはな、暗闇創造黒頭巾マッチだ、オイ!この黒頭巾で暗闇を創り出して決着をつける。どんな決着でもいいんだ、オイ!よく覚えておけ、バカ!この野郎!」

「黒頭巾で暗闇を創り出して決着をつける」ということなので、相手に黒頭巾を被せた状態でなければピンフォールやギブアップなどによる決着は無効という特別ルールになりそうです。

矢野の「暗闇創造黒頭巾マッチ」に対して、挑戦者・EVILはどんな試合ルールを用意してくるのか。

タイトルマッチまで約2週間、EVILの動向から目が離せない。

《追記》
試合ルールが「暗闇創造黒頭巾マッチ」に決定!

■EVILの提案ルール「ダークネスマッチ
試合開始から3分後に30秒間会場が暗闇となる。以降も3分毎に30秒間暗闇となる。
(中略)
■矢野通の提案ルール「暗闇創造黒頭巾マッチ
4本の鉄柱にセットされた黒頭巾を相手に被せた場合のみ、ピンフォール、ギブアップ、場外カウント、KOカウント等の決着が有効となる。(引用:新日本プロレス公式サイトより)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA