鈴木みのるがグランドスラム達成へ再始動「東京ドーム、カード変更だ」【新日本プロレス・2021.5.3・PART1】

新日本プロレス・2021年5月3日・レスリングどんたく2021・福岡国際センター大会初日のバックステージコメントまとめ・PART1!

関連:新日本プロレス・試合結果・2021.5.3・レスリングどんたく2021・福岡初日【煽りVTR】

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

【鈴木みのる】

昨日5月3日にユニット結成10周年を迎えた鈴木軍。

この10年間、新日本プロレス(&ノア)で猛威を振るってきた鈴木軍ですが、新日本プロレスの最高位のタイトルであるIWGPヘビー級王座(現:IWGP世界ヘビー級王座)にはまだ手が届いていません。

記念すべき日を迎えた鈴木軍ボス・鈴木みのるは、今後も新日本プロレスの頂点である「IWGP」を狙っていくことを改めて宣言しました。

鈴木「2021年5月、何日だ?何日だ?何日だ?3日だな。鈴木軍がこの世に生まれてちょうど10年。ヘッ、なにもめでたくない。どうせよ、それぞれの団体から『不良品』とかよ、『使えねえ』とか『いらねえ』と言われたヤツらの集まりじゃねえか。どうせ悪党の集まりじゃねえか。鈴木軍、これからも、好きなように、自分の思うがままに、拳を振り上げてぶちのめしてやりゃいいんだよ。それだけだ」
「ああ?さて、俺は、今日、明日、(対戦相手は)オカダだよな。オカダ、IWGP狙ってんのは、テメエだけじゃねえんだよ。ああ?飯伏、それから棚橋、ジェイ、鷹木信悟、ウィル・オスプレイ、お前らだけじゃねえんだよ。鈴木軍、IWGP(獲りに)いくぞ。明日、オカダの首、獲るぞ。そしたら、東京ドーム、カード変更だ。わかったな?わかったな!?」

もし鈴木が本日4日のタッグマッチでオカダ・カズチカに勝利したら、オカダが挑戦予定のレッスルグランドスラム(5月29日・東京ドーム)で行われるIWGP世界ヘビー級王座戦の「カード変更」を要求。

これまでIWGPタッグ王座(新日本)、三冠ヘビー級王座&世界タッグ王座(全日本)、GHCヘビー級王座&GHCタッグ王座(ノア)を獲得してきた鈴木にとって、いわゆるグランドスラム達成に足りないのはIWGP世界ヘビー級王座のみ。

盟友・高山善廣以来となる史上二人目のシングル&タッグ王座のメジャー完全制覇に向けて再始動を宣言した鈴木の今後から目が離せない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA