《SANADAがオースイスープレックス!》新日本プロレス・試合結果・2021.6.7・ドミニオン2021・大阪城・PART1【オープニングVTR】

新日本プロレス・2021年6月7日・ドミニオン2021( DOMINION in OSAKA-JO HALL 2021 )・大阪城ホール大会の試合結果、動画まとめ・PART1!

関連:2021.6.7・ドミニオン2021の全対戦カードが決定!【新日本プロレス・2021年6月】

【オープニングVTR】

【高橋ヒロム】

オープニングVTR終了後、負傷欠場中の高橋ヒロムが前説に登場。

ヒロムは「この痛めていた大胸筋断裂の怪我ですが、無事完治いたしました!こっからガンガン練習ぶっこいて元気に復活してやんぞ」とファンに報告。

【第1試合】

棚橋弘至vsEVIL
後藤洋央紀高橋裕二郎
石井智宏チェーズ・
オーエンズ
YOSHI-HASHI〇 石森太二
ブラディー
クロス
× SHOエル・
ファンタズモ

石森太二のサイファーウタキから、エル・ファンタズモがフロッグスプラッシュを叩き込む。

石井智宏がカットに入るが、EVIL&ディック東郷が排除。

最後は石森太二がブラディークロスで勝利!

試合後、EVILはNEVER無差別級6人タッグ王座のベルト奪って王者・後藤洋央紀にベルト攻撃。

さらにEVILはスコーピオンデスロックで石井を痛めつける。

そしてEVIL&ディック東郷&高橋裕二郎が6人タッグ王座のベルトを手にすると、EVILは「俺たちのベルトだ」と挑戦アピール。

【第2試合】

内藤哲也vsタイチ
〇 SANADA
オースイ
スープレックス
× ザック・
セイバーJr.
BUSHIDOUKI

SANADAがオースイスープレックスで丸め込んで勝利!

試合後、内藤哲也&SANADAがIWGPタッグ王者組タイチ&ザック・セイバーJr.と笑顔で話し込む。

【第3試合 / IWGPジュニアヘビー級王座戦】

〇[王者]
エル・
デスペラード
ピンチェ・ロコ
vs× YOH

エル・デスペラードがロコ・モノからピンチェ・ロコで勝利、IWGPジュニアヘビー級王座防衛!

試合後にSHOがYOHの容体を確かめると、バレットクラブのエル・ファンタズモ&石森太二が現れる。

そしてELPがIWGPジュニアタッグ王座(YOH&SHO)に挑戦アピールすると、石森がELPからマイクを奪って「次こそ俺の番だ。二つとも俺たちがいただくぜ」とIWGPジュニアヘビー級王者エル・デスペラードに挑戦表明!

関連:新日本プロレス・試合結果・2021.6.7・ドミニオン2021・大阪城・PART2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA