小島聡がジョー・ドーリングと最後の乱闘、ラリアットでドーリングを場外葬!【インパクトレスリング・2021.6.10】

インパクトレスリング( IMPACT WRESTLING )・2021年6月10日(日本時間6月11日)放送分の試合結果、動画をご紹介!

関連:小島聡がラリアットでインパクトデビュー戦快勝!エディ・エドワーズが小島に加勢!【インパクトレスリング・2021.6.3】

【トニー・カーン】

まずはインパクトレスリングのスコット・ダモール副社長が登場。

インパクト世界王者ケニー・オメガの次期挑戦者問題を解決するべく、AEWのトニー・カーン社長を呼び込む。

二人が話し始めると、そこにドン・キャリスも現れて、改めてサミ・キャラハンの王座挑戦をソシオパスで危険だからと拒否。

するとダモールとカーンが二人だけで話し込み、アゲインストオールオッズ2021(6月12日)ではケニー・オメガとムースが闘うと決定。

キャリスはこの決定に上機嫌になるが、続けてダモールはケニーとムースによるタイトルマッチの勝者にスラミバーサリー2021(7月17日)でサミ・キャラハンが挑戦すると発表。

キャリスは落胆して文句を言いながら退場。

【ハヴォック vs ローズマリー】

× ハヴォックvs〇 ローズマリー
スピアー

次期ノックアウト王座挑戦者ローズマリーがスピアーで勝利!

試合後、ノックアウト王者ディオナ・プラッゾ&キンバー・リー&スーザンが襲撃。

するとスーザンがノックアウトタッグ王者ターシャ・スティールズ(&キエラ・ホーガン)を呼び込んでシングルマッチに突入。

【リー vs スティールズ】

× キンバー・
リー
vs〇 ターシャ・
スティールズ
ファルコン
アロー

ターシャ・スティールズがファルコンアローで勝利!

試合後にディオナ、スーザン、リーが暴行を加えると、再びハヴォック&ローズマリーが現れて乱闘。

【タッグマッチ】

〇 トレイ・
ミゲル
変形足4の字固め
vsクリス・
ベイ
ピーティー・
ウィリアムズ
× ロヒット・
ラジュ

ピーティー・ウィリアムズのスリングショットコードブレイカーから、トレイ・ミゲルが変形足4の字固めで勝利!

試合後にエース・オースチン&マッドマン・フルトンが襲撃すると、Xディヴィジョン王者ジョシュ・アレキサンダーも現れて大乱闘。

最後はウィリアムズがコーナートップからカナディアンデストロイヤー!

【ドーリング vs エドワーズ / 小島聡】

× ジョー・
ドーリング
vs〇 エディ・
エドワーズ
反則

エディ・エドワーズはバイオレントバイデザイン(VBD)の介入を阻止しながら闘うが、最後はディーナーが場外から手を出して反則裁定。

試合後にVBDが暴行を加えると、アゲインストオールオッズ2021(6月12日)でジョー・ドーリングと対戦する小島聡が救出に登場!

ドーリングと小島がエルボー合戦になると、小島がラリアットを決めて場外に叩き落とす。

収まらないドーリングは再び襲いかかろうとするがVBDが止めに入る。

【ノーDQマッチ】

× ウィリー・
マック
vs〇 W・モリッシー
ビッグブーツ

ウィリー・マックがパイプ椅子攻撃を狙うと、W・モリッシーがビッグブーツでパイプ椅子ごと顔面をぶち抜いて勝利!

試合後にモリッシーが暴行を加えようとすると、リッチ・スワンが救出に現れて乱闘!

セキュリティが止めに入るとモリッシーはリングを下りるが、最後はスワンが背中にパイプ椅子を決めて、アゲインストオールオッズ2021直前回は終了!

関連:インパクトレスリング・2021.6.12・アゲインストオールオッズ2021・試合結果・PART1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA