AEW世界王座戦、ハングマン・ペイジ対ブライアン・ダニエルソン!【AEW・2022.1.5・前半】

AEWダイナマイト(AEW Dynamite)・2022年1月5日(日本時間1月6日)・前半の試合結果、動画をご紹介!

関連:大ブーイングのTNT王者コーディがTNT王座防衛!アナ・ジェイの有刺鉄線スリーパーホールド!【AEW・2021.12.31】

【AEW世界王座戦】

〇[王者]
ハングマン・
ペイジ
バックショット
ラリアット
vs× ブライアン・
ダニエルソン

60分時間切れ引き分けの場合はジャッジ(マーク・ヘンリー、ジェリー・リン、ポール・ワイト)が勝敗を決定!

ハングマン・ペイジがエプロンパワーボムからバックショットラリアットを狙うが、ブライアン・ダニエルソンはリング外に退避。

そこにペイジが場外トペを発射すると、ブライアンは回避してそのまま場外バリケードに叩きつける。

ペイジがスチール階段に激突して額から流血!

ブライアンはジャッジの目の前でペイジを暴行。

ブライアンが場外で鉄柱に頭から叩きつけるが、ペイジも両腕を掴んで鉄柱に叩きつけて反撃すると、ブライアンも頭部から流血。

ペイジがコーナー上でヘッドバット連発から雪崩式フォールアウェイスラム!

さらにペイジは場外デッドアイからバックショットラリアットを発射するが、ヒット直前でブライアンは倒れ込んでしまう。

するとブライアンはレベルロックで締め上げるが、脱出したペイジが場外に蹴り落としてオリハラムーンサルト!

そしてペイジが再びバックショットラリアットを狙うと、ブライアンがカウンターのブサイクニー!

ペイジがデッドアイを狙うが、着地したブライアンがゴッチ式パイルドライバーで反撃。

ブライアンがトライアングルチョークからニーバーで捕獲するも、強引に抜け出したペイジがバックドロップドライバー!

最後はハングマン・ペイジがバックショットラリアットで勝利、AEW世界王座防衛!

【MJF vs ディーン】

× MJFvs〇 ショーン・
ディーン
反則

試合開始のゴングが鳴るとCMパンクが現れて、MJFはリング外に退避。

するとCMパンクがショーン・ディーンにGTSを叩き込んで反則裁定。

試合後、恒例のCMパンクとMJFの挑発合戦から、MJFは次週の放送でパンク対ウォードローを決定!

【クリス・ジェリコ】

まずはクリス・ジェリコが登場すると、そこに2.0が現れる。

ジェリコがバットを手にすると、ダニエル・ガルシアが襲い掛かるが返り討ちにされる。

その隙に2.0が二人がかりでジェリコを暴行すると、エディ・キングストン&サンタナ&オルティスが救出に登場。

【ウォードロー】

〇 ウォードロー
パワーボム
vs× アントニオ・
ザンブラーノ

試合開始前、ショーン・スピアーズが場外でアントニオ・ザンブラーノにC4!

ウォードローがパワーボム5連発で勝利!

関連:初代TBS王座決定トーナメント決勝戦、ジェイド・カーギル対ルビー・ソーホー!【AEW・2022.1.5・後半】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA