CMパンク対ウォードロー!ランス・アーチャー復帰&AEW世界王者を襲撃!【AEW・2021.1.12・前半】

AEWダイナマイト(AEW Dynamite)・2022年1月12日(日本時間1月13日)・前半の試合結果、動画をご紹介!

関連:AEW・2022.1.8・バトルオブザベルツ2022・試合結果

【アダム・コール】

まずはアダム・コール&カイル・オライリー&ボビー・フィッシュが登場。

コールがAEWの新時代の幕開けだと話し始めるが、ヤングバックス(&ブランドン・カトラー)が現れて妨害。

ヤングバックスとレッドラゴン(オライリー&フィッシュ)が険悪な雰囲気になると、コールがこういう友好的な競争こそが必要だ、俺たちはベストフレンズみたいなユニットとは違うんだと話す。

するとベストフレンズが現れて乱闘に突入!

オレンジ・キャシディはコールに襲い掛かるが、コールは急所攻撃で反撃。

するとクリス・スタットランダーが救出に入るが、コールの彼女ブリット・ベイカーが背後から急襲してカーブストンプ!

そしてコールはキャシディにスーパーキック&ブームを決めると、ヤングバックスに恒例のキスを求めるが、ベイカーが間に入ってコールにキス。

【パンク vs ウォードロー】

〇 CMパンク
インサイド
クレイドル
vs× ウォードロー

ウォードローがパワーボム5連発からフォールに入ると、MJFがカウントを止めてもっとやれと要求。

そしてウォードローが7発目のパワーボムを決めると、MJFの指示に従ってウォードローが場外テーブルにパワーボム!

パンクは場外カウント9でなんとかリングに戻ると、隙を突いてインサイドクレイドルで丸め込んで勝利!

試合後にMJFがウォードローを叱責すると、ウォードローが腕を掴んで睨みつけるが、ショーン・スピアーズが仲裁に入って場を収める。

その後、MJFが一人で現れると、次週の放送でCMパンク対ショーン・スピアーズを独断で決定。

【ホッブス vs マーティン】

× パワーハウス・
ホッブス
vs〇 ダンテ・
マーティン
ダブルジャンプ
ムーンサルト

介入を繰り返すリッキー・スタークスがエプロンに上がると、ジェイ・リーサルが現れて阻止。

その隙にダンテ・マーティンがダブルジャンプムーンサルトを決めて勝利!

【ペイジ/アーチャー】

ブライアン・ダニエルソンを撃破したAEW世界王者ハングマン・ペイジが登場。

するとダン・ランパードが現れて妨害するが、負傷欠場中のランス・アーチャーが現れてランパードに掴みかかる。

そしてアーチャーはペイジに襲い掛かり、パイプ椅子の上にブラックアウトで叩きつける。

関連:暫定TNT王者サミー・ゲバラ対ダニエル・ガルシア!志田光対セリーナ・ディーブ!【AEW・2022.1.12・後半】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA