AEW世界王座戦テキサスデスマッチ、ハングマン・ペイジ対ランス・アーチャー!【AEW・2022.2.9・後半】

AEWダイナマイト(AEW Dynamite)・2022年2月9日(日本時間2月10日)・後半の試合結果、動画をご紹介!

関連:ジェイ・ホワイトがAEW乱入!キース・リーがAEW参戦!【AEW・2022.2.9・前半】

【タッグマッチ】

〇 CMパンク
GTS
vs× FTR
ジョン・
モクスリー

CMパンクのタッグパートナーにジョン・モクスリーが登場!

CMパンク&モクスリーのドゥームズデイデバイスはカウント2!

FTRがゴング攻撃からブレーンバスターを決めるが決着つかず。

パンクがGTSを狙うと、FTRがビッグリッグで反撃するが、モクスリーがカット。

CMパンクがアナコンダバイスでギブアップを奪うが、レフェリー不在でタリー・ブランチャードが乱入。

そしてパンクはブランチャードにGTSを叩き込みむ。

最後はモクスリーがパラダイムシフトでハーウッドを排除すると同時に、今度こそCMパンクはGTSを決めて勝利!

【TBS王座戦/オープンチャレンジ】

〇[王者]
ジェイド・
カーギル
ジェイディッド
vs× A.Q.A

A.Q.Aがシューティングスタープレスを決めるもカウント2!

ジェイド・カーギルが変形パワースラムからジェイディッドで勝利!

【5分ルーキーチャレンジ】

〇 セリーナ・
ディーブ
セレナティロック
vs× ケイティ・
アークエット

セリーナ・ディーブがセレナティロックで完勝!

【AEW世界王座戦/テキサスデスマッチ】

〇[王者]
ハングマン・
ペイジ
vs× ランス・
アーチャー

勝利はサブミッション or ノックアウトのみ。

試合開始前から二人がバックステージで乱闘を繰り広げると、ステージに現れたところで試合開始。

リングに戻るとハングマン・ペイジがバックショットラリアット!

ランス・アーチャーが場外で反撃する隙に、ダン・ランパードがトップロープを緩めてバックショットラリアットを決められないようにしてしまう。

両者ともに額から流血すると、ペイジは場外DDTから竹刀を滅多打ち。

アーチャーは竹刀を奪って真っ二つに下り、トラッシュ缶にチョークスラム!

さらにアーチャーはペイジの額にフォークをめった刺し、そしてエプロンからスチール階段にブラックアウト。

ペイジが有刺鉄線ローリングエルボー連発&バックドロップで反撃。

レフェリーが有刺鉄線を拾おうとすると、ペイジがレフェリーを利用してバックショットラリアットを叩き込んで場外テーブルに落下!

そのままアーチャーは立ち上がれずノックアウト裁定、ハングマン・ペイジがAEW世界王座防衛!

試合後にアダム・コールが現れると、ペイジの肩にベルトをかけて、今週のAEWダイナマイトは終了!

関連:ジェイ・ホワイトが再びAEW乱入&バレッタにブレードランナー!【AEW・2022.2.11】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA