新日本プロレス・試合結果・2022.4.4・ハイパーバトル’22・後楽園【オープニングVTR】

新日本プロレス・2022年4月4日・ハイパーバトル’22(HYPER BATTLE’22)・後楽園ホール大会の試合結果、動画まとめ!

関連:新日本プロレス・試合結果・2022.3.27・ニュージャパンカップ2022・決勝戦・最終日・PART2

【オープニングVTR】

【第1試合】

田口隆祐vs石森太二
マスター・
ワト
〇 エル・
ファンタズモ
CRⅡ
× 大岩陵平バッドラック・
ファレ

田口隆祐はバレットクラブからの集中攻撃を食らうが、延髄斬りで危機を脱出して大岩陵平に託す。

大岩陵平が俵返しから逆エビ固め!

マスター・ワトがプランチャでバッドラック・ファレを、田口がヒップアタックで石森太二を排除。

エル・ファンタズモがCRⅡで勝利!

試合後に石森が場外で田口に急所攻撃を決めると、ファンタズモはワトに急所攻撃!

【第2試合】

鷹木信悟vs〇 金丸義信
タッチアウト
× BUSHIDOUKI

金丸義信&DOUKIがダブルブレーンバスターで鷹木信悟を排除。

DOUKIの土遁の術から金丸がタッチアウトで勝利!

【第3試合】

棚橋弘至vs外道
バッドラック・
ファレ
× 邪道〇 チェーズ・
オーエンズ
Cトリガー

試合開始前に外道がマイクを持つと「実は今日、腰に違和感がありまして十分なパフォーマンスができないと判断しました。キャンセルをしようと思ったんですが、ここいる漢気あふれる大男(バッドラック・ファレ)が俺が2試合目だけどやってやると。そこで相手に選ばせようかと。この男を恐れてキャンセルもよし、この男相手に自殺行為に出るもよし」と話す。

そこに棚橋弘至&邪道が現れると、バレットクラブを場外に引きずり落として試合開始。

外道はリングサイドでパイプ椅子に座って観戦。

邪道がクロスフェースオブJADOを決めると、外道がエプロンに上がって妨害。

チェーズ・オーエンズがレフェリーの隙を突いて急所攻撃、そしてCトリガーで勝利!

試合後に外道がメリケンサック攻撃を狙うと、G.O.D.が救出に現れて阻止。

【第4試合】

エル・
デスペラード
vs〇 SHO
スネークバイト
× TAKAみちのくディック東郷

SHOは前回の試合で剥ぎ取ったエル・デスペラードのマスクを引きずりながら入場、マスクを蹴って踏みつける。

SHOはマスクを利用してデスペラードにチョーク攻撃。

ディック東郷がレフェリーの注意を引き付けると、SHOが背後からデスペラードに急所攻撃を叩き込み、TAKAみちのくにはトーチャーツール攻撃!

そのままSHOがスネークバイトで勝利!

【第5試合】

後藤洋央紀vsジェフ・コブ
YOSHI-HASHIグレート・
オーカーン
真壁刀義〇 ウィル・
オスプレイ
ヒドゥンブレイド
× YOHアーロン・
ヘナーレ

試合開始前、感謝状を持って入場したグレート・オーカーンが「正々堂々だ」と握手を求めると、後藤洋央紀が握手でに応えるが、ユナイテッドエンパイアが奇襲を仕掛けて試合開始。

オーカーンがパンケーキからそのままフォールするもカウント2。

ジェフ・コブのアスレチックプレックスからウィル・オスプレイがスワンダイブ式450スプラッシュを決めるもカットされる。

オスプレイがヒドゥンブレイドで勝利!

試合後にコブ&オーカーンが棒を奪って後藤&YOSHI-HASHIを挑発すると、背後からオスプレイ&ヘナーレが襲撃。

そしてオーカーンがマイクを持つと「余は正義の味方だ。神聖なリングにこんなもの(棒)を持ち込んで、許せない。有罪だ」と話して棒攻撃を狙うと、ヤングライオンたちが止めに入った隙に後藤&YOSHI-HASHIが棒を取り返す。

【セミファイナル】

高橋ヒロムvsEVIL
〇 内藤哲也
ジャックナイフ式
エビ固め
× 高橋裕二郎

まずは内藤哲也&高橋ヒロムが入場すると、背後からEVIL(&ディック東郷)&高橋裕二郎が襲撃。

EVILがパイプ椅子を手にしてレフェリーを引き付けると、裕二郎がケイン攻撃を狙うが内藤が低空ドロップキックで阻止。

ヒロムがショットガンドロップキックで金具剥き出しのコーナーに裕二郎を叩きつける。

ヒロムのスーパーキックから内藤がジャックナイフ式エビ固めで丸め込んで勝利!

試合後に内藤がベルトをヒロムに投げ渡すと、EVILはリング内にパイプ椅子を投げ入れるが、ヒロムはそのパイプ椅子に座ってEVILを挑発。

【メインイベント】

オカダ・
カズチカ
vs〇 ザック・
セイバーJr.
クラーキー
キャット
× 矢野通タイチ

矢野通のタックルがレフェリーに誤爆すると、タイチが横綱式かち上げエルボー。

タイチはリングアアナ・リングスタッフを脅迫してロープを外させる。

ザック・セイバーJr.がザックドライバーでオカダ・カズチカを排除。

ザックがクラーキーキャットで勝利!

関連:新日本プロレス・試合結果・2022.4.9・ハイパーバトル’22・両国

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA