新日本プロレス・試合結果・2022.6.12・ドミニオン2022【オープニングVTR】

新日本プロレス・2022年6月12日・ドミニオン2022(DOMINION 6.12 in OSAKA-JO HALL)・大阪城ホール大会の試合結果、動画まとめ!

関連:新日本プロレス・試合結果・2022.6.3・ベストオブザスーパージュニア29・優勝決定戦

【オープニングVTR】

【第1試合】

田口隆祐vsTJP
マスター・ワトフランシスコ・
アキラ
× 天山広吉〇 アーロン・
ヘナーレ
アルティマ

ユナイテッドエンパイアのセコンドには元WBA世界スーパーライト級&元WBO世界ウェルター級王者ジェシ-・バルガス、本隊のセコンドには元・新日本プロレスの中西学が登場。

アーロン・ヘナーレがランペイジ、最後は新技・アルティマ(フルネルソン)で勝利!

【第2試合】

高橋ヒロムvs石森太二
内藤哲也〇 エル・
ファンタズモ
CRⅡ
× BUSHIエース・
オースティン

エース・オースティンがソア・トゥ・グローリーで内藤哲也&高橋ヒロムを排除。

エル・ファンタズモがCRⅡで勝利!

【第3試合】

〇 矢野通
変形片エビ固め
vs× ドク・
ギャローズ

矢野通が急所蹴りから林真理子に捧げるNU3(変形片エビ固め)で丸め込んで勝利!

【第4試合/NEVER無差別級6人タッグ王座戦】

[王者組]
EVIL
vsザック・
セイバーJr.
高橋裕二郎エル・
デスペラード
〇 SHO
ショックアロー
× 金丸義信

SHOがレガースに何かを仕込んでミドルキックを叩き込み、最後はショックアローで勝利!

ハウス・オブ・トーチャーがNEVER無差別級6人タッグ王座防衛!

【第5試合/IWGPタッグ王座戦】

[王者組]
バッドラック・
ファレ
vs〇 ジェフ・
コブ
ツアー・オブ・
ジ・アイランド
× チェーズ・
オーエンズ
グレート・
オーカーン

グレート・オーカーンが王統流二段蹴り&ラリアットでバッドラック・ファレを排除。

オーカーンがサードロープからの雪崩式フロントスープレックス、そしてジェフ・コブがツアー・オブ・ジ・アイランドで勝利!

ユナイテッドエンパイアがIWGPタッグ王座獲得!

試合後にロッキー・ロメロが襲撃するが、オーカーンがベルト攻撃&エリミネーターで返り討ちにする。

【第6試合/AEW暫定世界王座戦進出者決定戦】

〇 棚橋弘至
ハイフライフロー
vs× 後藤洋央紀

棚橋弘至がスリングブレイドからボディアタック式ハイフライフロー、最後はハイフライフローで勝利!

棚橋弘至がAEW暫定世界王座戦進出、ジョン・モクスリーと激突!

【第7試合/KOPW2022争奪戦/鷹木式10分無制限ピンフォールマッチ】

〇[保持者]
鷹木信悟
vs× タイチ

まずは鷹木信悟がグラウドコブラで先に合計10カウントを奪取すると、さらにパンピングボンバーを決めるがカウント1で返されて合計カウント11。

タイチも反撃して左の上手投げからタイチ式外道クラッチを決めて合計カウント9、さらに再びカバーに入るが合計カウント10で試合終了。

鷹木信悟が11-10で勝利、KOPW2022防衛!

【第8試合/NEVER無差別級王座戦】

×[王者]
タマ・トンガ
vs〇 カール・
アンダーソン
ガンスタン

タマ・トンガがSRC(デスバレードライバー)からシュプリームフロー(ダイビングボディプレス)!

さらにタマがDSDの体勢に入ると、ドク・ギャローズが乱入するがガンスタンで排除。

しかし、カール・アンダーソンがガンスタンを叩き込んで勝利!

カール・アンダーソンがNEVER無差別級王座獲得!

【セミファイナル/IWGP USヘビー級王座戦決定戦】

王者ジュース・ロビンソンがタイトルマッチ決定後に出場拒否、そのためSANADA対ウィル・オスプレイの新王者決定戦に変更。

× SANADAvs〇 ウィル・
オスプレイ
ストーム
ブレイカー

ウィル・オスプレイがヒドゥンブレイドからストームブレイカーで勝利、IWGP USヘビー級王座獲得!

【メインイベント/IWGP世界ヘビー級王座戦】

×[王者]
オカダ・カズチカ
vs〇 ジェイ・
ホワイト
ブレードランナー

オカダ・カズチカがマネークリップで締め上げると、外道がエプロンに上がってレフェリーの注意を引き付けて、その隙にジェイ・ホワイトが急所攻撃!

ジェイ派レッグロックスープレックスホールド、クロスアーム式ブラディサンデー、ショートレンジラリアット連発で畳みかける。

オカダもショートレンジラリアットで応戦、さらにローリングツームストンパイルドライバーで追い込む。

レインメーカーとブレードランナーの攻防になると、オカダがカウンタードロップキック!

そしてオカダが開脚式パイルドライバーからレインメーカーを狙うと、ジェイがカウンターのブレードランナーで勝利!

ジェイ・ホワイトがIWGP世界ヘビー級王座獲得!

関連:新日本プロレス・試合結果・2022.6.18・ニュージャパンロード2022・八王子【オープニングVTR】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA