棚橋弘至のNJC2021初陣への意気込み「テキサスか、ハイフライか、丸め込むか」【新日本プロレス・2021.3.14】

新日本プロレス・2021年3月14日・ニュージャパンカップ2021・八日目・トーナメント2回戦・ベイコム総合体育館大会のバックステージコメントまとめ!

関連:新日本プロレス・試合結果・2021.3.14・ニュージャパンカップ2021・八日目・トーナメント2回戦【オープニングVTR】

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

【棚橋弘至】

今大会はシードのためトーナメント2回戦からの登場となるNEVER無差別級王者・棚橋弘至。

2回戦で激突するジェイ・ホワイトからは「自らリングに寝そべって」勝利を譲れと要求されていますが、理不尽な要求は相手にせず初陣に向けて意気込みを語りました。

まあジェイは、俺より若いし。俺ってすげえ、かっこいいって、昔の自分をもいだしましたね。ただ、『NEW JAPAN CUP』、彼はね“NEW Jay-PAN CUP”って言ってるらしいですけど、テキサス(クローバーホールド)で決めたら、“NEW Jay-PAN TAP”……もう原型なにかわかんなくなっちゃいますね(苦笑)。テキサスで決めるか、ハイフライ(フロー)で決めるか、丸め込むか……。なにがなんでも、勝ちます

NEVERを「IWGPまで引き上げる」と誓ったばかりの棚橋がトーナメント2回戦で簡単に負けるわけにはいかない。

現在の新日本プロレスのトップ選手の一人であるジェイ・ホワイト相手にどんな闘いを見せてくれるのか楽しみでならない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA