グレオカは土下座拒否!新日本プロレス・試合結果・2021.10.3・G1クライマックス31・Aブロック5戦目・九日目

新日本プロレス・2021年10月3日・G1クライマックス31(G1 CLIMAX 31)・愛知県体育館(ドルフィンズアリーナ)大会・Aブロック5戦目・九日目の試合結果、動画まとめ!

関連:G1クライマックス31出場選手&A・Bブロック分けが決定!【新日本プロレス・2021年9月】
関連:新日本プロレス・試合結果・2021.10.1・G1クライマックス31・Bブロック4戦目・八日目【出場選手PV】

内藤哲也が左膝内側側副靭帯損傷・半月板損傷により欠場、内藤と対戦予定だった矢野通はBUSHIとシングルマッチ!

【第1試合】

× 藤田晃生vs〇 金丸義信
逆エビ固め

試合開始直後から藤田晃生が仕掛けるが、金丸義信が場外でボディスラムを決めてお仕置き。

さらに金丸はショルダースルー、ボディスラム、キャメルクラッチで腰を集中攻撃。

金丸義信がブレーンバスター連発から逆エビ固めで勝利!

【第2試合】

〇 矢野通
スクールボーイ
vs× BUSHI

矢野通が持ち込んだ黒頭巾(セコンド袋)にBUSHIは白頭巾(ルイヴィトンの袋)で対抗。

そしてBUSHIは矢野のアルコールで目潰し、さらにタオルで場外バリケードに腕を結びつける。

矢野も場外バリケードにBUSHIのマスクの紐を結び付けるが、BUSHIはシューズに仕込んだハサミで紐を切って脱出。

矢野が再び黒頭巾を持ち込むと、BUSHIはレフェリーに頭巾を被せて、その隙に急所攻撃から丸め込むがレフェリーは視界を奪われていてカウントできず。

BUSHIがレフェリーの頭巾を外す隙に、矢野が急所攻撃からスクールボーイで丸め込んで勝利!

【第3試合 / Aブロック5戦目 / オーカーン vs KENTA】

× グレート・
オーカーン
vs〇 KENTA
スクールボーイ

試合開始前、グレート・オーカーンとSNS上で煽り合っていたKENTAがマイクを握って「お前、憶えてるな。俺がお前に勝ったら、お前、土下座だからな」と話す。

するとオーカーンは「余は器が大きからな、いいぞ。やれるもんならやってみな」と回答して試合開始。

KENTAがgo 2 sleepを狙うと、着地したグレート・オーカーン大空スバル式羊殺しを決める。

しかし、KENTAがレフェリーとオーカーンを激突させると、リング下からパイプ椅子を持ち込んでパイプ椅子攻撃連発。

さらにオーカーンの腹部にパイプ椅子を置くと、オーカーンの帽子をかぶってダイビングダブルフットスタンプ!

今度はKENTAがバットを持ち込むと、オーカーンがバットを奪い取る。

するとレフェリーがオーカーンを注意している隙に、KENTAがタイツを掴んだままスクールボーイで丸め込んで勝利!

●グレート・オーカーン=8点(4勝2敗)
●KENTA=8点(4勝2敗)

試合後、KENTAがマイクを握ると「グレオカ、つべこべ言ってんじゃねえよ、いつまでも。お前の負け!約束だったよな。俺の前で、余の前で、お前の態度を見せてみろよ。グレオカ君、土下座だよ、土下座。やれよ、やれ!」と某ドラマのように土下座を要求。

オーカーンは苦情の表情で膝をつこうとするが、一転して土下座を拒否してエリミネーターで叩きつける!

【第4試合 / Aブロック5戦目 / ロア vs 裕二郎】

〇 タンガ・ロア
エイプシット
vs× 高橋裕二郎

タンガ・ロアがスピアーからシットダウン式パワーボム!

さらにロアがエイプシットを狙うと、切り抜けた高橋裕二郎がマイアミシャイン!

そして裕二郎がビッグジュースを狙うと、着地したロアがエイプシットで勝利!

●タンガ・ロア=4点(2勝3敗)
●高橋裕二郎=4点(2勝3敗)

【セミファイナル / Aブロック5戦目 / 石井 vs ザック】

〇 石井智宏
垂直落下式
ブレーンバスター
vs× ザック・
セイバーJr.

ザック・セイバーJr.がお株を奪うブレーンバスターからアームロックを決めて関節技で追い込む。

顔面を踏みつけた石井智宏がヘッドバットからラリアット連発!

最後は石井智宏が垂直落下式ブレーンバスターで勝利、ザックが初黒星!

●石井智宏=6点(3勝3敗)
●ザック・セイバーJr.=8点(4勝1敗)

【メインイベント / Aブロック5戦目 / 飯伏 vs 鷹木】

〇 飯伏幸太
カミゴェ
vs× 鷹木信悟

鷹木信悟が両腕を掴んでのヘッドバットから二―ストライク、そしてパンピングボンバー!

飯伏幸太のカウンターのハイキックからカミゴェはカウント2!

飯伏がポイズンラナから後頭部へのカミゴェ、そして生膝での正調カミゴェで勝利!

●飯伏幸太=8点(4勝2敗)
●鷹木信悟=6点(3勝2敗)

Aブロックは飯伏幸太、グレート・オーカーン、ザック・セイバーJr.、KENTAが同率首位!

関連:新日本プロレス・試合結果・2021.10.4・G1クライマックス31・Bブロック5戦目・十日目【出場選手PV】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA